記事の詳細

テントには様々な大きさやデザインがございますが、ここではキャンプ好きファミリーが一度は憧れるであろう「2ルームテント」について、中古品ではいったいどのような物が売れるのかを紹介していきます。2ルームという名前のごとく、リビングと寝室が一体化している贅沢なテントですね。オートキャンプ場で使用するテントであれば、当然ながら1人~2人用よりも2ルームテントのような4人以上でも広々と使えるファミリー用タイプの方が売却の際は有利となるでしょう。今回は特に高価買取となりやすい主要メーカーを中心に、ファミリー向け2ルームテントの売れ筋シリーズをご紹介していきます。

callman(コールマン)の2ルームテント

コールマンのウェザーマスター ワイド2ルームは売れます

コールマンのテントの中でも高価買取対象の上位シリーズとなるウェザーマスター。その中でも「ワイド2ルーム」は大いに買取の期待が高いでしょう。2ルームとは、ドーム型とは違っていわゆる「寝室」と「リビング」の2部屋を備えているテントのこと。この2ルームテントがあれば別にタープを張る手間も省くことができ、ファミリーには特に人気が高いテントです。このウェザーマスターの2ルームタイプでは、他にも「コクーンⅡ」「コーチ」も同様に買取の期待が高いでしょう。お持込みが可能なら近隣ショップに相談してみましょう。

Ogawa campal(オガワキャンバル)の2ルームテント

オガワのティエラ 5-EXは売れます

オガワキャンバルからリリースされている2ルームテント、ティエラ 5EX。2003年に初期モデル「ティエラ」が発売されて以降、今なお続くオガワの高級テントです。ティエラ 5-EXは大型メッシュパネルが両側出入り口に搭載されより換気機能が優れたアイテムです。定価も159,840円と他メーカーの2ルームテントと比較しても突出しているだけに、当然ながら中古市場でもニーズが高い製品です。初期モデル「ティエラ」でさえも、中古市場の価格帯は下がっているものの未だに買取の期待ができるのではないでしょうか。またテント本体だけでなく、例えばティエラ用のリビングシートなどは単品でも買取ニーズがありますので、売却の際は状態を再度確認して近隣のショップに相談してみましょう。

Captain stag(キャプテンスタッグ)の2ルームテント

キャプテンスタッグのオルディナスクリーン ツールームテントは売れます

キャプテンスタッグからリリースされている2ルームテント、オルディナスクリーン。他メーカーに比べて、キャプテンスタッグの製品は全体的な価格も安く、キャンプ初心者にとっては気軽に始められるアイテムが揃っています。そのため、中古市場での高価買取という視点からいえば、対象外となってしまうアイテムも多いのは事実です。ただし、オルディナスクリーンの2ルームテントは買取の期待ができる製品ではないでしょうか。2ルームテントでは他メーカーに比べても圧倒的にコストパフォーマンスも高く、サイズの割に設営もしやすくまさに初心者向けテントといえそうですね。売却の際は状態を再度確認して近隣のショップに相談してみましょう。

Logos(ロゴス)の2ルームテント

ロゴスのneos PANELスクリーンドゥ-ブルは売れます

“ロゴスからリリースされている2ルームテント、neos PANELスクリーンドゥーブル。neosシリーズは、ロゴスのなかでも2ルームテントやドーム型テントの高級シリーズに位置づけられています。ロゴスのブランドコンセプトの一つである求めやすい価格。そのため、中古品となると買取ができないアイテムも多いのは事実ですが、このneos シリーズのPANELスクリーンドゥーブルは中古品でも買取が期待できるでしょう。他にも、neosシリーズの大型テントとしては、「プレーリー2ルーム」や「PANEL コテージ」も中古品でも売れる可能性が高いでしょう。もちろん、年数が5年以上経っている古いシリーズの場合はではたとえ4人以上の大型テントであっても値段がつかない場合も考えられます。状態を確認して、近隣ショップに確認してみましょう。

snowpeak(スノーピーク)の2ルームテント

スノーピークのトルテュライトは売れます

スノーピークで2ルームモデルを初めて買うという人にもおすすめのシリーズ、トルテュライト。同じ3人~4人用向けの「トルテュPro.」は逆に上級者向けで秋や冬などオールシーズンでも対応できる最上級モデルです。いずれも高価買取の期待が高いテントです。また別売りのインナーマット・グランドシート・シールドルーフなどが付属しているかは査定の際に大きなポイントになるでしょう。スノーピークは、品質はもちろんですが価格も他アウトドアメーカーと比較しても抜きにでていますね。それだけに、テントに付随したオプション品も単品で数万円もするものがあります。ユーザーに長く使ってもらいたいという理念をモノづくりに徹底しているスノーピークだからこそですね。

「2ルームテント」売るときのポイント

まずポイントとなるのはまずメーカーです。次に使用・保管状態。パーツ欠品や汚れ破れなどの症状は当然ながら査定額に影響してきます。未使用、使ってはいるが数回だけ、昔はよく使用したが今は全く使っていない物、一部壊れている・部品がない等の各ケースでは、同じメーカーの2ルームテントでも査定額に大きな違いがでてくるでしょう。

最後に、思い入れやこだわりのお品物は気持良く手放したい、次に使ってくれる人に大切にしてもらいたい、そんな想いはございませんか。以前、スノーピークのアメニティドームをお売り頂いたお客様がこんな話をしてくれました。

初めて購入したテントだったから設営に苦労したけど、組み上がったときの子供のはしゃいでる姿がうれしくて。でも最近は使う機会が減っちゃって、本当ならもっとキャンプに行きたかったんですけどね。もっと有効に使ってくれる人がいるならと、古くなるまえに手放すことにしました。

手放すモノへの「こだわり」「思い入れ」「思い出」こそ何にも代えられない大切な価値ではないでしょうか。どうせ手放すなら気持ちよく手放して頂きたい、買取専門店アシストのスタッフはそんな想いでお客様にサービスをご提供しております。

▼ 祝!! 弊社小平店が大手口コミサイト「エキテン」で掲載21504店舗中全国1位を獲得今後も皆様のお役に立てるリサイクルショップとして従業員一同邁進して参りたいと存じます。

アシストロゴ

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数
問い合わせ LINE案内 友だち追加数
ページ上部へ戻る