記事の詳細

アウトドアメーカーから発売されている焚火台は、火を囲みながら暖としての役割はもちろん、灯りや調理用としても使えたりと活躍の場は様々ですね。一つの焚火台で灯りにもなり、ストーブにもなり、そして調理用も兼ねる2Way・3Wayはもはや当たり前になっております。焚火台は、テント、タープ、ランタンといったアウトドア定番アイテムと並び、キャンプ好きには必要不可欠なアイテムといえるのではないでしょうか。一生使える本格的な焚火台、BBQのグリルと併用して気軽に使える焚火台、持ち運びや準備が楽チンな焚火台etc…使用目的によってベストな焚火台というものがあるかと思いますが、ここではそんな焚火台を扱う主要メーカーをピックアップしつつ、中古品を売却する際の買取可否ポイントなどをご紹介していきます。

SnowPeak(スノーピーク)の焚火台は売れる?

SnowPeak(スノーピーク)の焚火台は売れます

SnowPeak(スノーピーク)の焚火台は売れます。スノーピークの焚火台といったらこれ!というほどキャンパーから支持を得ている本格的な焚火台ですね。作りがしっかりしていて長く使えるということが何よりの魅力ではないでしょうか。サイズはS/M/Lがあり、人数や用途によって好きなサイズを選べます。もちろん、サイズにより新品定価は違いますが、スノーピークの焚火台の場合はサイズよりも焚火台本体の他にオプション品がどれほど揃っているかが、査定の大きなポイントといえるでしょう。オプション品とは例えば焚火の燃焼効率をあげるための「炭床Pro」、焚火をより快適できるための「専用バッグ」や「グローブ」、「焚火ツールセットPro」、そして調理器具として活用するための「網焼きPro.M」、「鋳鉄黒皮鉄板」、「チリトリ鍋」などオプション品が多数あります。焚火台本体のみの場合と、こうしたオプション品が多数揃っている場合とでは査定額が大きく変わってきますので、是非近隣ショップに売却する際は事前に情報を共有しましょう。

コールマンの焚火台は売れる?

コールマンのステンレスファイヤープレイスⅢは売れます

コールマンのステンレスファイヤープレイスⅢは売れます。その井桁型デザインはキャンプファイヤーを思い起こし、焚火がしたくなりますね。コンパクトに収納もでき、重量もさほどないので持ち運びもしやすいので中古市場でも人気があります。焼き網を使って調理用にも。新品や数回しか使用していない状態なら尚買取の期待が高まるでしょう。ステンレス製は錆びにくいと言われておりますが、長期間放置などによってサビ・汚れ・破損などがみられる場合は逆に買取価格にも影響してきますので、保管方法や取扱いなどには普段から注意したいですね。ちなみに、このファイヤープレイスシリーズは初期モデルからⅡ/Ⅲと続いています。そのデザインや機能性は大きく変化していないせいか、中古市場でも初期型だから買取ができない、ⅡやⅢより安くなってしまうというものではないようです。最大のポイントとなるのは、やはり焚火台本体、焼き網、ステンレスの炭床プレート(使用頻度によって変形・サビの症状が現れる)の状態と言えるでしょう。

コールマンのファイヤースタンドグリルは売れません

コールマンのファイヤースタンドグリルは売れません。ステンレスファイヤープレイスの前身ともいえるコールマンのグリルと焚火台。名前の通り、あくまでもグリルなので焚火メインとして使うには少々物足らなさを感じてしまうキャンパーも多いかもしれませんね。中古相場では、未使用品でない限り買取の期待はできないでしょう。未使用品であっても、店頭持込みが前提となるケースも考えられますので、事前にショップへ確認してみましょう。

UNIFLAME(ユニフレーム)の焚火台は売れる?

UNIFLAME(ユニフレーム)のファイヤーグリルは売れます

UNIFLAME(ユニフレーム)のファイヤーグリルは売れます。スノーピークの焚火台と並び、発売から20年以上経っても未だに人気が衰えないロングセラー商品ですね。その理由は、スノーピークの焚火台と比較した場合のコストパフォーマンスではないでしょうか。多くのキャンパーたちが欲しくなる価格設定でかつ高品質ということですね。ただし、中古相場の観点から未使用品やそれに近い状態である場合のみ買取の期待ができそうです。単品依頼の場合は、店舗への持込みが前提となるケースも考えられます。標準サイズとラージサイズの2種類がございますが、どちらも保管状態(汚れやサビ)と本体以外のオプション品の有無が査定のポイントといえるでしょう。ダッチオーブンなどを乗せるための「ヘビーロストル」・「フッ素プレ-ト」・「エンボス鉄板」などが挙げられます。売却の際は、事前に近隣ショップに確認してみましょう。

UNIFLAME(ユニフレーム)のファイヤースタンドⅡは売れません

UNIFLAME(ユニフレーム)のファイヤースタンドⅡは売れません。ファイヤーグリルとは別に、もっと手軽に焚火をしたいという人向けにユニフレームからリリースされています。作りも鋳鉄やステンレスではなく、特殊耐熱メッシュシートになっており重さは1kgもないほどの軽さです。そのリーズナブルな価格設定からメインの焚火台のサブ用としても重宝するこのファイヤースタンドⅡですが、残念がら中古品の買取は難しい製品といえるでしょう。

MONORAL(モノラル)の焚火台は売れる?

MONORAL(モノラル)のワイヤーフレームは売れます

MONORAL(モノラル)のワイヤーフレームは売れます。ユニフレームからリリースされているファイヤースタンドⅡと同じく、特殊耐熱クロス製の焚火台ですね。この形状の焚火台はユニフレームをはじめ、いくつかのメーカーからリリースされておりますが、唯一、中古品でも買取が期待できるのがこのMONORAL(モノラル)のファイヤースタンドではないでしょうか。重さが980gと非常にコンパクトな設計で、手軽に焚火や料理を楽しみたいキャンパーにはこれ以上ない魅力を感じさせる製品ですよね。オプションで「焚火専用クロス」や調理用の「五徳アタッチメント」などもあるので、売却時にもし一緒にあれば査定価格にも影響する可能性もございますので、その情報も近隣ショップに必ず知らせましょう。

キャプテンスタッグの焚火台は売れる?

キャプテンスタッグのヘキサ ステンレスファイヤグリルは売れません

キャプテンスタッグのヘキサ ステンレスファイヤグリルは売れません。他のメーカーの焚火台ではいヘキサ(六角形)型の焚火台。どっしりとして深さもるので大きな薪も収容可能、軽量設計で組み立てがしやすいので初心者には扱いやすくて便利な焚火台といえるでしょう。そんな初心者キャンパーに人気が高いステンレスファイヤグリルですが、中古品ではその市場価格の観点から買取の期待は難しいと言えるでしょう。たとえ新品・未使用品であってもショップへのお持込みが前提となるでしょう。事前に売却を検討するショップに確認してみましょう。

SOTO(ソト)の焚火台は売れる?

SOTOのエアスタ ベース&ウィングは売れます

SOTOのエアスタ ベース&ウィングは売れます。焚火台でもスノーピークやユニフレームなど発売から20年近く経っているロングセラー商品は先にご紹介しましたが、近年、革新的な焚火台エアスタがSOTO(ソト)からリリースされています。中心に大きな筒がある設計で、そのデザインを見るだけで従来の焚火台がさらに進化したような斬新さを感じます。筒の中には小枝などの燃料を入れて初心者でもすぐに着火できるような構造になっています。ウィング部分は脱着が可能で、別売りで交換も可能です。中古市場では、比較的新しい製品のため数はまだ多く出回っておりませんが、今後中古市場での需要も高まってきそうですね。新品や未使用品なら高価買取も期待できそうですが、エアスタのベースとウィングはもともと別売りになっているため、中古品の場合はセットでないと買取は難しいでしょう。

ご質問や査定のご用命はお気軽にお問い合わせ下さい。

▼ 祝!! 弊社小平店が大手口コミサイト「エキテン」で掲載21504店舗中全国1位を獲得今後も皆様のお役に立てるリサイクルショップとして従業員一同邁進して参りたいと存じます。

アシストロゴ

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数
問い合わせ LINE案内 友だち追加数
ページ上部へ戻る