記事の詳細

日立 真空チルド冷蔵庫 買取

日立 真空チルド冷蔵庫 一覧

※2014年度モデルに搭載されている「真空チルドFS」機能とは一部異なります。

R-X6700D、R-X6200D、R-M6700D、R-M6200D、R-G6700D、R-G6200D、R-M5700D、R-G5700D、R-G5200D、R-F520D、R-S5000D、R-G4800D、R-F440D、R-S4700D、 R-S4200D、R-F480D、R-K42D、R-S3700EV、R-K320EV

注目このような冷蔵庫を買取しております

無料の事前査定で

気になる買取価格をチェック!

フォーム問合せ



TEL受付 9:00~21:00
店頭受付 9:00~18:00
定休日 毎週月曜・第2金曜

→ 買取方法や査定ポイントなどもっと詳しく知りたい方は「冷蔵庫買取」をご覧ください

当社バイヤーによる「日立 真空チルド冷蔵庫」についての解説

日立「真空チルドFS」シリーズ冷蔵庫の特徴

2014年秋、昨年モデルに引き続き「真空チルドFS」搭載の冷蔵庫Xシリーズを新たに発売する。他社の家庭用冷凍冷蔵庫にはない最大の特徴であり、独自の技術だ。真空チルド室には、炭酸ガスを生成して空気中よりも高いガス濃度を維持することができる。従来モデルに搭載されている「真空チルド」機能に、野菜室では野菜の呼吸を抑え、肉や魚の酵素の働きを抑制し、野菜などを眠らせるように保存する、その名も「スリープ保存」機能が新たに加わっている。近年、各家電メーカーではエコや省エネ機能でその高い技術や能力を大きく取り上げているが、それらにプラス、鮮度や栄養素を高く維持できる機能を全面に出している冷蔵庫が、「真空チルドFS」シリーズだ。

日立冷蔵庫

日立の冷蔵庫にうれしい機能

さらに省エネ、電動冷蔵室ドア・電動引き出しを搭載したらくらく冷蔵庫。
近年、冷蔵庫に限らず、他の家電製品や家具などにおいても手動から電動にモデルチェンジする製品はもはや驚くべきことではなくなった。日立の大型冷蔵庫シリーズには、「真空チルドFS」に加えて、ワンタッチで冷蔵ドアや引き出しが開く機能を搭載。特に品数が増えて重量の負担も大きい大型冷蔵庫ならではの便利でうれしい機能だ。また、省エネ技術が年々進歩しているなかで、ドアの開閉時に暖気の入りやすい冷蔵室の上段に冷蔵室上部ファン、「デュアルファン」を新たに設置。従来の冷却ファンと合わせて、冷蔵室内をすばやく冷やし無駄なエネルギー消費を抑えることが可能となっている。

日立「真空チルドFS」搭載の大型冷蔵庫、中古市場・買取の動向は

人気アイドルグループ嵐を起用した爽やかで面白おかしいCMが流れている日立の新シリーズ冷蔵庫だが、特に300L~600Lクラスの大型冷蔵庫において、洗練されたその収納力と食材のおいしさや鮮度を高く保てる能力や技術は間違いなくトップクラスだろう。新品価格が底上げが見受けられる今日、中古市場では特に最新機能を搭載した大型冷蔵庫が人気を集めている。引越しなどで売却や買い替えを検討されている方は、時期としては冬場より7月~8月の夏場の売却が高値買取のチャンスだ。特に製造5年以内で最新機能を搭載した大型冷蔵庫は、リサイクルショップでは店頭で収穫する際のインパクトになり、買取専門店では買取実績となれば大きなアピールができるため、需要が非常に高いのだ。

フォーム問合せ



TEL受付 9:00~21:00
店頭受付 9:00~18:00
定休日 毎週月曜・第2金曜

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数

【お任せリユース】始めました。

友だち追加数 友だち追加数
問い合わせ LINE案内 友だち追加数
ページ上部へ戻る