記事の詳細

東芝 ベジータ冷蔵庫 買取

東芝「ベジータ」GRシリーズ冷蔵庫一覧

GR-C50A、GR-C80A、GR-G34S、GR-G38S、GR-G38SXV、GR-F62FX、GR-G43G、
GR-G43GXV、GR-G48FS、GR-G48FX、GR-G51FX、GR-G56FXV、GR-G62FXV

注目このような冷蔵庫を買取しております

無料の事前査定で

気になる買取価格をチェック!

フォーム問合せ



TEL受付 9:00~21:00
店頭受付 9:00~18:00
定休日 毎週月曜・第2金曜

→ 買取方法や査定ポイントなどもっと詳しく知りたい方は「冷蔵庫買取」をご覧ください

当社バイヤーによる「東芝 ベジータ冷蔵庫」についての解説

主婦にやさしい冷蔵庫、東芝GRシリーズの査定ポイント

GRシリーズ冷蔵庫の魅力は、使いやすさ、手入れのしやすさを重視したデザインだ。(2013年度、グッドデザイン賞受賞) 料理の際に最も使用頻度が多い野菜室。従来は冷凍冷蔵庫の一番下に位置していたが、GRシリーズの最新モデルは「まんなか」に野菜室を配置している。これは、なるべくキッチンの高さに合わせて設計されており、すぐに出し入れができるだけではなく、高湿度でより野菜の新鮮さを長持ちさせる点も配慮されているのだ。また、全面扉には傷がつきにくい強化クリアガラスを採用し、掃除もしやすい材質になっている。

東芝ベジータ

東芝 ベジータ冷蔵庫はなぜ高価買取となるか?

GRシリーズの中でも「VEGETA冷蔵庫」はその名の通り、野菜保存に特化しているシリーズだ。上記に記したように、設計の面で野菜室をまんなかに配置し使いやすさを向上させただけではない。水分たっぷりの庫内は、野菜の量に応じてより鮮度や栄養を維持するために微細なピコイオンを自動放出する。野菜室収容力は買い物カゴ4個分、上段下段のスライド棚は傷みやすい野菜などを見やすい場所に保存することができる。VEGETAシリーズ冷蔵庫は、こうした主婦にとって使いやすい点、機能性が高い点が人気が高い大きな理由だろう。

GRシリーズ冷蔵庫の中古市場での買取動向はどうか

2014年現在、東芝GRシリーズは、300L未満の冷蔵庫の生産が終了しつつあり、400L~600Lクラスの大型冷蔵庫の生産に特化している。GRシリーズの中でも省エネ・節電能力が高く、野菜保存にも特化しているべジータシリーズ(400L以上)は今後も人気が高まるだろう。最近の冷蔵庫における省エネ機能や節電能力においては、大手国内メーカーなら大きな差はないと感じられるなか、よりデザイン性に優れており、使いやすさや保存能力に特化した冷蔵庫が今後選ばれていくはずだ。GRシリーズの中でも、べジータ冷蔵庫は特にその代表的な製品といえる。特に製造5年以内のべジータ冷蔵庫なら、中古市場でも高価買取の対象となるのは間違いない。

フォーム問合せ



TEL受付 9:00~21:00
店頭受付 9:00~18:00
定休日 毎週月曜・第2金曜

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数

【お任せリユース】始めました。

友だち追加数 友だち追加数
問い合わせ LINE案内 友だち追加数
ページ上部へ戻る