記事の詳細

【壊れていても売れるCDプレーヤー名機】なら全国どこでも買取専門店アシストにご相談下さい!

ここでは壊れていたり調子が悪いCDプレーヤーでも売れる名機があることをご紹介します。そのCDプレーヤーの価値をご存じの方は当然と思われることでしょう。しかし、ご家族など価値の知らない方にとってはただの不用品になり果ててしまいます。希少な名機が捨てられてしまうことなくリユースされるお手伝いができれば幸いに存じます。

壊れていても売れるCDプレーヤー 宅配買取

 

0120-94-9396

TEL受付 9:00~21:00
店頭受付 9:00~18:00
定休日 毎週月曜・第2金曜

 

はじめに、壊れていても売れるCDプレーヤーであるか特定しましょう

CDプレーヤーにはモデル(型番)とシリアルナンバー(製造番号)がございます。下記の画像のような本体に貼られているシールや刻印でモデル(型番)をご確認下さい。モデルが特定できれば故障品でも売れるCDプレーヤーであるか判断が可能です。お伝えできる買取価格は最低買取価格でございます。
CDプレーヤー型番

 

CDプレーヤーの機種が特定できない場合は?

基本的には裏面にモデルやシリアルナンバーなどが記載されていますが、表にモデル(型式)が表示されてい機種もございます。万が一わからなくても大丈夫です。お手持ちのCDプレーヤーがどんな機種であるか特定し概算買取価格まで当店バイヤーが代わりにお調べしますので、下記のように複数枚画像をお送り下さい。特に文字がある場所はアップ画像をお願いします。
CDプレーヤー査定画像

電源コードに製造年が記載されている場合がございますので下記画像のように4ケタの数字をアップした画像をお送り下さい。
コードから年式を調べる

 

 

0120-94-9396

TEL受付 9:00~21:00
店頭受付 9:00~18:00
定休日 毎週月曜・第2金曜

壊れていても売れるCDプレーヤーと買取価格

本当に壊れていても売れるのか。たいした金額にならないのでは?という方のために壊れていても売れるCDプレーヤーの代表例と店頭買取価格(参考)をご紹介させていただきます。ご紹介するCDプレーヤーはコンセントにつなぎランプ等の点灯で通電確認が取れれば高額買取が期待できるモデルとなります。

 

SONY【CDP-777ESJ】買取価格

CDP-777ESJ引用:SONY CDP-777ESJの仕様 ソニー – オーディオの足跡

ソニーは、フィリップスと共にCDプレーヤーのパイオニアとも呼べるメーカーです。超高級の『Rシリーズ』を除くとこの一般向けに発売された『ESシリーズ』がオーディオファンの心をぐっと掴んでいます。その中でも7、77、777の数字を持つ機種は最高級と位置づけられており、オーソドックスなトレイタイプのCDプレーヤーとして最後のモデルという事もあり、1992年の発売から25年近く経つ今でも人気を博しているモデルとなっております。CD発売から10年という節目の年に発売されたのもこの商品のプレミア感を増しています。

参考買取価格  : 15000円前後(故障品)
故障内容として再生はするがしばらくして最初に戻ってしまう。取出しボタンを押しても出て来なくなった状態のもの

完全動作品であれば5万円前後まで買取価格アップ!!

 

マランツ/marantz【CD-94】買取価格

CDP-777ESJ引用:Marantz CDプレイヤーCD-94の仕様 マランツ – オーディオの足跡

CDプレーヤーの先駆けとなったフィリップスグループの一員だったマランツが、フィリップスの超高級プロ用CDプレーヤーLHH-2000(160万円)の技術を活かし一般家庭向けに発売したのがこのCD-94です。フィリップスらしく国産ながらヨーロッパ的な外観、内容を備え音質も確かな厚みを持った名機です。

参考買取価格  : 15000円前後(故障品)
故障内容として動作確認できず、電源コード非正規品、トレー手動にて手助け必要の状態のもの

LIMITEDシリーズの完全動作品で5万円前後まで買取価格アップ!
CD-16D、CD-95もコンセントをさしてランプが点灯すれば高価買取期待大です

 

TEAC【VRDS-10SE】買取価格

CDP-777ESJ引用:TEAC CDプレイヤーVRDS-10SEの仕様 ティアック

ティアックはターンテーブル、カセットデッキ等のアナログオーディオ製品で名を馳せたメーカーでした。そのティアックが1987年にエソテリックブランドを立ち上げVRDS機構を搭載させ、高い評価を得ました。ティアックブランドして初めてVDRS機構付きで発売されたのがこのVDRS-10となります。エソテリックの持つ高級機の機能をしっかり取り入れ、見た目はごつごつした固く重厚感があるイメージ、音は繊細で柔らかくという『質実剛健』という言葉がぴったりの名機として語り継がれています。

参考買取価格  : 10000円前後(故障品)
故障内容として、電源は入るが表示部で横線のみの表示となり操作・再生不可能、トレイが開閉せず再生が不可能な状態

完全動作品で5万円前後まで買取価格アップ!

 

DENON【DCD-S10/S10Ⅱ/S10Ⅲ/S10ⅢL-N】買取価格

引用:DENON Museum – Model History – 1994 – DCD-S10

「S1シリーズ」の一体型高級機DCD-S1の兄弟機として位置づけられ、名機として知られるDCD-3500シリーズの技術を継承しつつ新しい技術が投入された新世代の中核機でした。DCD-S10はDCD-S1の弟機として各部にしっかりと物量を投入し先進的なデジタル技術を注ぎ込まれた傑作でした。新品価格がこのシリーズより高いプレーヤーにも負けない堂々たる再生音を実現したコストパフォーマンス が非常に高い1台です。SⅡ⇒SⅢ⇒SⅢL-Nの順に新品価格も高く、中古相場も高くなっています。

参考買取価格  : 5000円前後(故障品)
故障内容として、電源は入るが、CDを読込まず再生が不可能、または電源コードが切断されてある状態

S10/S10Ⅱ動作品で2万円前後、S10Ⅲ以降モデル動作品で4万~5万円位まで買取価格アップ!

 

PHILIPS CDプレーヤーLHHシリーズ 買取価格

LHH500LHH500

1891年に炭素フィラメントを発明し、家庭に白熱電球をもたらした所からフィリップスの歴史が始まります。今回紹介するのが、その音響技術を活かしたCDプレーヤーです。その中でも『LHHシリーズ』『CDRシリーズ』は大変人気を博したモデルとなります。LHHシリーズは、1985年から1996年まで形を変え発売されていましたが、当時の新品価格でどれも10万円を超え、初期モデルのLHH2000は160万円で販売されていたCDプレーヤーです。オーディオ製品は、名機であれば数十年前の物でも中古市場で需要があるものが多く、LHHシリーズはその代表格に入るのではないでしょうか。

参考買取価格  : 50000円前後(故障品)
故障内容として、外観はきれいで電源は入るが、CD読み込みができないジャンク品。

案内その他モデル

売れる金額は新品価格にある程度比例するので下記をご参考にして下さい。新品価格の一番低いLHH200RやLHH200RXでも動作品であれば出張価格で1万円前後での買取が期待でき、LHH2000は10万円を裕に超えます。

  • 1985年「LHH2000」 1,600,000円
  • 1987年「LHH1000(LHH1001/LHH1002)」 600,000円
  • 1989年「LHH500」250,000円 「LHH300」150,000円
  • 1991年「LHH700」300,000円
  • 1992年「LHH600B」280,000円 「LHH300B」150,000円
  • 1993年「LHH800R」450,000円 「LHH500R」220,000円
  • 1994年「LHH200R」100,000円
  • 1996年「LHH900R」450,000円 「LHH300R」150,000円 「LHH200RX」100,000円

※記載の金額は新品販売価格です。

→ CDプレーヤー買取価格と実績はこちらでもご覧いただけます。

※順次アップして参ります。

壊れていても全国からCDプレーヤーを買取します

記載したモデル以外にも買取できるCDプレーヤーは多数ございますので記載がなくてもお気軽に査定をご依頼下さい。どんなものでも本質的に良いものは評価されるべきだと考えております。当社ができることはリユースからもの作りを支えていくことです。名機といわれるCDプレーヤーを廃棄することなくリユース市場に流通させることができれば幸いです。

宅配買取

 

0120-94-9396

TEL受付 9:00~21:00
店頭受付 9:00~18:00
定休日 毎週月曜・第2金曜

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数

【お任せリユース】始めました。

友だち追加数 友だち追加数
問い合わせ LINE案内 友だち追加数
ページ上部へ戻る