買取専門店アシスト 親切なオペレーターが待っています。 050-3734-2296

記事の詳細

こんにちわ、もっちーです。

在宅だとどうしても料理系の記事が多くなってしまうのです。お許しをw

久々にまた「カヌレ」を焼きましたので、今回は大和店へ差し入れしてきました!うちでは定番菓子です。

カヌレ

私は色々なものを「クリエイト」することが好きです。

例えば、お料理・お菓子作り、イラストを描くこと・ハンドメイドでミシン使って裁縫したり、プログラミングも好きです(元プログラマーですからね・・)と。

バッグなんかも作れます!

こうやってお菓子を焼いたりお料理の写真をネットにあげるようになると、不思議と「お皿」など陶器・器が欲しくなるものです。

 

男性のスタッフは、あまりカヌレのことを知らないようで

「初めて食べた~!」「これなんて言うお菓子なの?」

と言われました。

 

カヌレはフランスの代表的なお菓子で、歴史も古くボルドー地方の修道院で古くから作られてきたもので宗教的なお菓子です。

カヌレにはお酒が入っております。お菓子とお酒は宗教的なつながりが多いものです。

カヌレの意味は「溝のついた」という意味で、ボルドー地方ではワインの澱(おり)を取り除くために編み出されたお菓子です。

 

余談ですが、カヌレの型はとてもお高いんです;;

銅製のものだと1個1800円以上、大きめサイズだと1個2980円もします!量産しようと思ったら、金額がとんでもないことになります…汗

本格的なケーキ屋さん・カヌレ専門店などではこちらの銅製のものが使用されております。

銅製だと火の通りがよいらしく、、、本当に一生ものの型だと思います。

※私はテフロン製のものを使っております。いつか欲しいなぁ~。

 

さあ!2月になりました。まだまだ寒い日が続きますが、頑張りましょう!

 

 

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数
問い合わせ
ページ上部へ戻る
スタッフ募集  

古物商営業法に基づく表示
東京都公安委員会   【308840906863号】
神奈川県公安委員会  【452780009266号】