買取専門店アシスト 親切なオペレーターが待っています。 050-3734-2296

記事の詳細

おはようございます。太郎です。

今日から私の姪っ子がピカピカの一年生として入学式を迎えています。
綺麗なランドセルと黄色の通学帽を被り、嬉しそうにお披露目してくれました。

入学・進級・入社など、まさに新生活が始まる節目の季節ですね。

普段、私が目を通している新聞や家に届く無料情報誌などにも、

「新生活に向けて部屋を整理整頓したい!」

「家族と一緒にモノを片付けるコツを教えて!」

などのお悩み相談コラムがいつもより目に付くようになった気がします。

「これだけは捨てられない!」という思い入れのある物、家に必ずあるのではないでしょうか?

家の片付けをする際、特に悩ませるのが自分ではなく子供や親が所有している物。

子供が学校で作った作品、親がもう使っていないけど押入れに入れたままの趣味の物など。

自分にとって不要でも、当の本人には思い入れがあって大事な物であるケースがあります。

要らないだろうと思って勝手に捨ててしまうと、後々家族同士に関係に悪影響も。

だからこそ、片付けをする際は普段からの「コミュニケーション」がとても大事ですよね。

我々もお客様のご自宅に出張買取のお見積りに伺った際、
お客様の「捨てられなくて困っているモノ」にたくさん出会います。

買取という選択肢だけでなく、物を気持ちよく手放す方法をお客様に寄り添いながら一緒に考えることを大切にしています。

思い入れがあるモノは捨てない、というのも選択肢の一つかもしれませんね!

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数
問い合わせ
ページ上部へ戻る
スタッフ募集  

古物商営業法に基づく表示
東京都公安委員会   【308840906863号】
神奈川県公安委員会  【452780009266号】