記事の詳細

おはようございます。太郎です。

連休中、会社のキャンピングカーを借りてまたも友人ファミリーとキャンプに行ってきました!

最近、次から次へとアウトドア用品を買い揃えてすっかりキャンプにハマってしまったという友人。

年明け極寒のこんな時期に誘われて行く方も行く方ですが、、、笑

今回は、御殿場市にある「やまぼうしオートキャンプ場」という場所で現地待ち合わせをしました。
3連休は最終日だけ天気が崩れましたが、初日と中日はまさに冬晴れでキャンプ場からは富士山もばっちり!

この真冬の時期にも関わらず、大勢のアウトドア好きが個性的なキャンプ空間を作り上げていました。

薪ストーブを設置して、煙突をテントの天辺から突き出させ黙々と煙がでている冬キャンプならではのテントも。

お昼頃に到着した時、友人はすでにテントは張って準備万端でした。(こちらは少し遅刻した分際です、、、)
テントの前にはテーブルやキッチンスペースもきちんと作られており、それに合わせて物がしっかり整頓されている。
給水タンクやゴミ箱も誰が見ても分るように置いてくれていると、こちらも迷いません。

例えば、よく紛失しやすいテントを固定する際に使う「ペグ」。これは友人が自ら作ったペグケースに一本一本綺麗に収納していました。
使い終わってもそこにまた収納する。不足分があれば一目でわかる。
キャンプ初心者とはいえ、普段の生活の意識やこだわりが非日常空間でもしっかりと現れるんだなぁと。
(って、私も感心ばかりもしてられませんが)

キャンプなどのアウトドアを趣味にしていると、細かい物がどこに何があるかなどが分からなくなってしまう事が多い気がします。

アウトドアや旅行などでも、あれもこれも使うだろうとたくさん持って来たはいいけど、
結局使わなかったなということありませんか?

「あれどこにある?」「あれ持ってきてたっけ?」

というような会話は仕事でも日常生活でもこうしたプライベートの場面でもよく飛び交いますが、
だからこそ、自分たちが持って行くべき物の整理と場所をしっかり決めることは大事なことですね。

貴重な時間を有意義に過ごすコツかもしれません!(自分にも言い聞かせねば!)

キャンプ場 子供たち

(キャンプ場で楽しむ子供たち)

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数
問い合わせ
ページ上部へ戻る