電子レンジの下取りはできるのでしょうか?

「中古の電子レンジ、お得に処分できないかなぁ」
なんて、電子レンジの処分について気になっている方はいませんか?

電子レンジをお得に処分するためには、家電量販店による下取りとリサイクルショップによる買取の二種類の方法があります。

こんにちは!マスコットのリッキーです。

リッキーリッキー

電子レンジの下取りと買取をチェック!

この記事では、下取りと買取をそれぞれ比較し、最もお得に電子レンジを処分する方法を徹底解説します。

結論としては、 下取りでは「ノジマ」の下取りサービス、買取ではアシストの出張買取が金額・サービスともに最もお得です。

具体的に各社のサービス内容を比較してみましょう。

家電の買取なら出張買取のアシスト 申込はこちらをクリック

電子レンジの下取り・買取・処分のちがい

まず電子レンジの下取りと買取、またリサイクル家電の処分、そのちがいについて触れておきます。

電子レンジの下取りの基礎知識

「電子レンジの下取り」とは電子レンジの買い替え、つまり新品商品を購入前提の場合に、古い電子レンジを引取ってもらえるサービスです。 下取りは大きく分けると、

  • 買取してもらえる場合
  • 無料引取してもらえる場合
  • 有料(処分費用として)で引取してもらえる場合

の3つのパターンに分かれます。 電子レンジの下取りに関しては、買取にいたるケースはごくわずか。 大半は有料にて引取をおこなっている販売店が多いという結果でした。販売店により下取りの電子レンジを買取・引取・処分として対応するかはさまざまです。 ふだん有料での引取を打ち出しているお店がキャンペーン期間に無料で引取をおこなうこともありますので、まずは費用がかかるのか、かからないのかお店に確認してみることがおすすめです。

電子レンジの買取

家電量販店に限らず、リサイクルショップで買取できる電子レンジももちろんありますが、それは製造3年以内の国内メーカーの電子レンジがほとんどです。

4年以上経過した電子レンジについては一部を除いて、無料引取や買取不可の対象になることもあります。

つまり買取を選ぶなら製造3年以内のモデル、 製造4年以上経過しているモデルは下取りを選ぶことが一番失敗しない手段とも言えます。

買取に関して詳しく知りたい方は「古くても売れる電子レンジ!5年以上経過してるから諦めてませんか?」にて古い電子レンジでも買取できるモデルのご紹介をしています。
また電子レンジの買取相場については「電子レンジ 買取価格」でもご覧いただけますのでぜひ参考にしてみてください。

出張買取のアシストはWEBとLINEで簡単査定!

電子レンジの下取り比較

代表的な大手家電量販店5社の、電子レンジ下取りサービスの比較をおこないます。

電子レンジ(シャープ・AX-XW500)2018年製の場合

シャープ・AX-XW500 2018年製│電子レンジ 下取り

電子レンジ(シャープ・AX-XW500)2018年製の下取り価格
家電量販店

下取り価格
(※『-』は処分費用)

下取り方法
ノジマ 5,600円 持ち込みまたは郵送
ヤマダデンキ 100円 持ち込み
ヨドバシカメラ -2,200円 持ち込みまたは郵送
ビックカメラ -1,958円 持ち込みの場合は無料、郵送の場合は1,958円
ケーズデンキ -2,200円 持ち込み
ジャパネットたかた -900円 持ち込み
エディオン -550円 持ち込み
コジマ -1,958円 持ち込みの場合は無料、郵送の場合は1,958円

※2024年6月弊社調べによるものです。実際の下取り価格と異なる場合があります。

上記の表のように大手家電量販店のなかで下取り価格が提示されていたのは「ノジマ」と「ヤマダデンキ」でした。

ではここから、各社の下取りについて、もう少し詳しく解説していきます。

1.ノジマ

「ノジマ」では「下取りチェッカー」という事前に下取り価格が分かるシステムが導入されています。 下取りチェッカーを使えば、誰でもかんたんに下取り価格が調べられる新しい下取りサービスです。 只今、家電専門店ノジマ全店と連携中!

下取りチェッカー

「電子レンジ」のほか「液晶テレビ」「冷蔵庫」「ブルーレイレコーダー」「電子レンジ」などの家電製品が対象となっており、製造年と型番さえわかっていれば、スマホで簡単に下取り価格がチェックできます。

ノジマの下取りサービス内容

  • 下取りチェッカーを利用し、新品購入時にノジマ店頭に持ち込むか、もしくは宅配便で送ることで買取してくれる
  • メーカー不問、製造から7年以内のオーブンレンジが下取り対象
  • 対象外の電子レンジでも、無料引取りサービスをおこなってくれる

今回査定した電子レンジ(シャープ・AX-XW500)2018年製」では、5,600円という査定額がつきました。

入力も1分程度なので、ぜひ試してみてください。

なお、ノジマでは電子レンジの処分のみのサービスはおこなっていませんが、モバイル会員様限定で同等商品の購入(または購入から30日以内)でお買い上げと同じ数量まで処分が可能です。

2.ヤマダデンキ

ヤマダデンキでは、「薄型テレビ」「冷蔵庫」「電子レンジ」などの買取サービスをおこなっています。

家電買取サービス内容
  • 新品購入の配送時または店頭で買取を行う(「電子レンジ」は配送時の買取には対応していません)
  • 2015年以降販売された、全てのメーカーの電子レンジが買取対象

ヤマダデンキの買取は年式による定額買取のため、高価なモデルでも古い場合は価格が伸び悩む可能性があります。小型家電買取キャンペーンとして、まだ使える電子レンジは最大2,000円の買取をおこなっていますが、今回査定した 「電子レンジ(シャープ・AX-XW500)2018年製」の査定額は100円でした。

参考:小型家電買取キャンペーン!

3.ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラでは買取または有料引き取りサービスを行っています。

買取サービスは主に小型のデジタル機器やPC・ゲーム関連が中心であり、電子レンジには対応していませんでした。

そのため電子レンジを処分する際は有料での引き取りとなっています。

  • 有料引取サービスは電子レンジに対応なし
  • 処分をヨドバシで検討据える場合は-2,200円での有料引取

有料引き取りのサービス内容は、電子レンジの購入者を対象に、2,200円で店頭または配送時の交換をおこなってくれるというものです。

4.ビックカメラ

ビックカメラでは買取での下取りをおこなっておらず、無料もしくは有料での回収のみ対応していました。

店頭に持ち込んだ場合は回収料0円、ネットより購入の場合は郵送で回収を1,958円でおこなっています。

また、「ラクウル」というアプリでは電子レンジには対応していないものの、その他品目の買取サービスを行っていました。

お近くに店舗がある場合には、利用してみるのも手かもしれません。

5.ケーズデンキ

ケーズデンキでは電子レンジの買取を行っておらず、引取での処分を行っていました。

電子レンジでは処分費用として2,200円かかります。

「お得にしたい」「まだ使えるのにもったいない」という方は、買取や無料引取をおこなっている家電量販店を検討するのが良いかもしれません。

6.ジャパネットたかた

テレビショッピングで有名な「ジャパネットたかた」では、電子レンジの購入する商品を限定した下取り値引きをおこなっています。 サービスの内容としては下取り値引き対象商品を購入することで、大幅な値引きが期待できるというものです。

ジャパネットたかたの電子レンジ引取

  • 下取りの回収費用は900円
  • 壊れていても古くても下取りがあれば値引き価格で購入できる

7.エディオン

エディオンでは電子レンジの買取を行っておらず、引取での処分を行っていました。

電子レンジでは処分費用として550円かかります。

「お得にしたい」「まだ使えるのにもったいない」という方は、買取や無料引取を行っている家電量販店を検討するのが良いかもしれません。

8.コジマ

コジマでは買取での下取りをおこなっておらず、無料もしくは有料での回収のみ対応していました。

店頭に持ち込んだ場合は回収料0円、ネットより購入の場合は郵送で回収を1,958円でおこなっています。

2024年6月現在はキャンペーンをおこなっています。『当社指定商品と「パソコン・小型家電リサイクル」を同時購入でお得!』指定商品機種の買い替え+不要商品リサイクルで最大5,000円引き(2024/6/30まで)ぜひチェックしてみてください。

参考:『当社指定商品と「パソコン・小型家電リサイクル」を同時購入でお得!』

下取りに出す際に準備すること・手順

ここからは電子レンジを下取りに出す前に準備することと、下取りに出す手順を紹介します。

電子レンジの型番・メーカー・製造年数を控えておく

まず電子レンジの 型番・メーカー・製造年数を控えましょう。型番・メーカー・製造年数は下取りを申し込む際に必要になるため、スムーズに査定できるよう事前に確認しておくのがおすすめです。

下取りを依頼する量販店の方法に従い査定

次に下取りを依頼する量販店の案内に従い、電子レンジの査定を受けます。

査定の方法は量販店によって異なるため、事前に確認しておくのがおすすめです。一般的に査定額は製造年数や電子レンジの性能をベースに算出されます。

製造年数が古いものや付属品がないもの、外観に破損があるものなどは、下取りができない場合があります。

事前に各量販店の下取り条件を確認しておくのがおすすめです。

電子レンジの状態をなるべくきれいにする

下取りに出す前に、電子レンジの状態をなるべくきれいにする必要があります。下取りの場合は購入時の状態に近ければ近いほど、査定額が高くなるからです。

理想は定期的に清掃することですが、それが無理な場合は査定前にでも汚れているところをきれいにしてみてください。

付属品はそろえておく

取扱説明書や保証書、付属のレシピ本、トレーなど、付属品一式もそろえておきましょう。

量販店によっては、付属品がすべてそろっていることが前提の買取価格になっている場合があります。

付属品が欠けていると、査定額に影響するため、付属品はできるだけそろえておきましょう。

下取りしてもらえなかった場合はどうすればいい?

最後に下取りしてもらえなかった場合の対応について、3つの方法を紹介します。対応方法はさまざまな電子レンジの処分方法の中から、お得に手放せることを重視して選んでいます。

さらに詳しく電子レンジの処分方法について知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

リサイクルショップに買取してもらう

さまざまな中古品を取り扱っているリサイクルショップでは、電子レンジの買い取りを行っている店舗もあります。無料の出張買取サービスに対応している場合も店舗も多く、出張買取サービスを利用すれば、自宅で電子レンジの査定と買い取りを行ってくれます。

ただし製造年数が古い場合や、査定で再利用にあたって正常に動作しないと判断された場合は、リサイクルショップでも買取不可や有料処分が案内される場合があります。

総合リサイクルのアシストでは『電子レンジの買取』を行っております。下記リンクより買取査定を行えますので、お気軽にお問合せ下さい。

引っ越し・断捨離で使っていないものをまとめて片付け!

ネットオークション・フリマアプリを利用する

ネットオークションやフリマアプリで、電子レンジを出品するという方法もあります。下取りできない製造年数が古いものでも、使用できれば売ることは不可能ではありません。ネットオークションやフリマアプリは、 自分で価格設定できたり、自分で出品時期をコントロールできたりするといったメリットもあります。

ただしオークションへの出品は、オークションへの登録手続きや出品する電子レンジの写真撮影などが必要です。買い手がなかなか決まらない場合は、電子レンジを保管する必要もあります。

出品価格については買い手の居住地が遠方の場合は、送料が高額になるといったことも考慮した上で設定することが大切です。

ネットオークションやフリマアプリは個人売買となるため、買い手とのトラブルにご注意ください。

自治体指定の不燃ごみ・粗大ごみとして電子レンジを処分する

電子レンジの一般的な処分方法は、自治体の粗大ごみとして捨てる方法です。

  • 自治体の粗大ごみ受付センターに余裕をもって連絡する
  • 粗大ごみ処理券をスーパーやコンビニで購入
  • 収集日の決めた時間までに指定した場所へ持ち込む

購入を行わずに電子レンジの廃棄のみを行いたい、処分するものが電子レンジのみで自治体の回収で事足りる場合などは自治体に回収してもらうのが簡単です。

まとめ

この記事では、電子レンジの下取りについて、家電量販店8社の違いを比較してきました。

新品を購入予定の電子レンジの下取りなら、「ノジマ」の下取りサービス一番分かりやすく買取してもらえます。

下取りチェッカー

お引越し、買い替えの際のご参考になれば幸いです。
総合リサイクルのアシストでは『電子レンジの買取』を行っております。
※家電買取のご案内はこちら ⇒家電の買取・査定

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』をお気軽にご利用ください。

こちらからお問い合わせください
総合専門受付ダイヤル(月、第2金を除く 09:00-18:00)050-3734-2296総合専門受付ダイヤル(月、第2金を除く 09:00-18:00)050-3734-2296 WEB査定はこちら 24時間受付中WEB査定はこちら 24時間受付中 LINE査定はこちら 24時間受付中LINE査定はこちら 24時間受付中