記事の詳細

ストーブは寒いときに暖を取るもの。一般的にはそういう物であって四季を有する我が国日本では主に冬場に活躍するアイテムでございます。となると需要もやはり冬場なわけで、夏にストーブが欲しいなんて方はそう滅多にいるものではございませんよね。ところがどっこい、冬だろうと夏だろうと常に需要の高いストーブが存在するのをご存知でしょうか?それは例えば暖炉のような”空間演出としての価値”を持った、存在感に溢れたストーブです。主にレトロな物や若しくは敢えてアナクロに仕立てた物が人気であり、古ければ逆にヴィンテージな価値が増すというそれは最早”コレクターアイテム”の域。ここにご紹介するのは、そんな一年を通して価値が高く買取が可能な人気アイテム。実用物であり嗜好品。使う価値から愛でる価値へと昇華された”オシャレで粋でワンダフルなストーブ達”をメーカーやモデルに沿ってご紹介していきたいと思います!

アラジンストーブなら買取!お洒落系で知名度No.1

手放す予定のストーブがアラジンなら要チェック!一年中買取の期待ができます。

ド定番!アラジン”BFシリーズ”

アラジン ブルーフレームヒーター BF3902

トップバッターはイギリス発祥のアラジン・ブルーフレームヒーターです。この手のストーブの中で最も有名なんじゃないでしょうか。今でも現行モデルとなる”BF39シリーズ”が生産され続けていますので、きっと一度はお見掛けした事があると思います。この形が完成されたのは1978年、実に30年近く変わらない姿で愛され続けています。中古市場でも人気で一年を通して一定数の取引があり、夏であっても買取価格が付くものが多いです。現行品では、圧倒的に状態重視の傾向で、元箱や替え芯が付属していると大きく査定額アップです!

変わり種!アラジン”シルバークイーン”

ちょっとマニアックな希少種”シルバークイーン”。一風変わったデザインの反射型ストーブモデルです。市場には中々出回らないのストーブマニア垂涎の一品ですので、動作しないような物でも買取出来ちゃいます!

最初期モデルの英国製アラジン”15型”

アラジンが日本に輸入されて間もない黎明期のモデル”15型”。見た目や雰囲気は今と近いものですが、英国製パーツで組み立てられているというのがポイント!(現在は完全国内生産となっています。)MADE IN ENGLAND。こういのがマニア心をくすぐるんですよね。既に数十年も前のモデル故、保存状態の良いものは滅多にお見掛けしません。もし程度の良いまま現存していれば間違いなく高額買取です

可愛いフォルムに一目惚れ”パーフェクション”

パーフェクション 750型

アンティーク感たっぷりなお洒落で可愛いフォルムの”パーフェクション 750型”。”パーフェクション”と言えば、このガラス管のデザインをイメージする方が多いと思います。元はアメリカの製品ですが1970年頃には日本でも生産されていたようです。現在は絶版となっており、中古市場では非常に人気の高いモデルとなっています。

パーフェクション”750デラックス・ハーベストカラー”

可愛さ3倍増し!先に挙げた”750型”の中でも特に人気なのがこちら。”ハーベストカラー”。ポワっと盛り上がったドームトップと淡いバニラ色に一目惚れ間違いなし!これを見た人は女子でなくとも第一声は「かわいい~」でしょう。滅多に出回らない希少品です!お持ちの方いませんか?

船燈から発祥した異色ストーブ”ニッセン”

優雅な客船インテリアを自宅に!クラシカルなデザインとキラリ輝く金色の真鍮ボディで小さいながらも存在感抜群のこちらは”ニッセン・ゴールドフレーム”。正式な社名は”日本船燈株式会社 ”。その名が示す通り、主に船舶関係の灯火を扱う会社です。客船内を彩るマリンランプの如くスタイルをそのままに、熱と光の恩恵を最大限に生かして家庭用へと発展させた石油ストーブは見て良し使って良しの逸品です。”ニッセン”と言えばコレ!なので、パッと見るとワンモデルなのかな?と思われるのですが、実は微妙な差でいくつかモデルがあります。定番は”IS-3”。復刻版は”IS-3NE”。最も希少かと思われるのは”IS-1”でしょうか。他にもありますが買取においてはどれも高価買取で間違いなしです!この形にピンときたら是非お問い合わせ下さいませ。”

英国らしさが詰まった”VALOR/バーラー

実用性をプラスしたユニークデザイン”VALOR”クッキングヒーター!歴史的建造物にロンドンバス、優雅なお庭で紅茶(ティータイム)、ハリー・ポッターにビートルズ。イギリスと聞いてイメージするものはどこかお洒落なモノばかり。そんなUK文化に根差し、長らく英国紳士淑女との共生を果たしてきた”VALOR”のストーブ。気品とユーモラスに富んだ佇まいは、愛好家ならずとも所有欲を湧き立たせる不思議な魅力を放っています。 画像の品は、大胆な色遣いに五徳天板というユニークなインダストリアルデザインがいかにも英国的な”VALOR・65C”クッキングストーブ。”しれっと外してくる格好良さ!”は、さすが紳士の国でございますね。モデル別でいくつか色違いがラインナップされておりますが、どれも大変人気です!何色はダメとかありません。この形の”VALOR”は買取確定と思って大丈夫♪

ストーブ界のナイト様”VALOR・525”

こちらは装飾と曲線が美しい中世騎士のようなデザイン”VALOR・525”ヴィンテージストーブ。個人的には槍とか持たせたくなっちゃいます…。そうそう出回らない希少種です。手放すご予定の方がいらっしゃいましたら、ぜひともアシストにお譲り下さい!

売れるストーブはまだまだあります!

ここまでご紹介してきたストーブの他にもまだまだ売れる「オシャレ系ストーブ」はございます。お客様からお売りいただいたストーブをどんどん追加していけたらと思っております!

キャンパーに人気の”フジカ・ハイペット

創業60年以上を誇る国産石油ストーブの老舗。コンパクトサイズでコロンと愛らしいフォルムは、家庭用としてよりもキャンパーなどアウトドアでの用途に好む人が多いようです。現在でも新品購入可能にも拘わらず中古市場の人気も非常に高く、リセールバリューの良さが際立ちます。知る人ぞ知る名器なのでしょうね。

懐古の最果て”薪ストーブ/ペレットストーブ”

現代までにストーブ業界が積み上げてきた合理性・利便性を捨て去り、懐古の果てに辿り着くのがこちら。”薪ストーブ/ペレットストーブ”!別荘のロッジに有れば”最高にオシャレ”ではありますが、流石にここまでいくと余程のストーブ愛なくしては到達できない品でしょう。しかし世の中は広いもので、こんな時代錯誤なアイテムでも中古市場では大変高額で取引されているんです。薪ストーブと言ってもメーカーや形などは様々ですが、概ね人気が高いのは北欧の物かそれに準ずるデザインをしたものでしょうか。デザインが良ければメーカーなどは不問と言っても過言ではありません。もし”家にあるよ~”なんて方は査定だけでも是非!

おしゃれストーブを売るなら「買取専門店アシスト」まで

もし、今回ご紹介のストーブをお持ちでしたら全国どこでも買取専門店アシストにご相談下さい!”この記事を見たよ”なんてお言葉を頂けたら、素直にうれしいです。
単純に暖かくなればいい、そんな風に機能だけを求めて購入されたトーブではないですよね?出会った時の印象や気に入っていた、または気に入っているところなども教えて頂けましたら査定にも気合が入ります!お客様の想いをしっかり次につなげていけたら、そんな思いを大切にして買取専門店アシストのスタッフはお客様にサービスをご提供しております。

ご質問や査定のご用命はお気軽にお問い合わせ下さい。

▼ 祝!! 弊社小平店が大手口コミサイト「エキテン」で掲載21504店舗中全国1位を獲得
今後も皆様のお役に立てるリサイクルショップとして従業員一同邁進して参りたいと存じます。

アシストロゴ

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数
問い合わせ LINE案内 友だち追加数
ページ上部へ戻る