記事の詳細

ヤマハ・エレクトーンの中でも絶大な人気を誇る「ステージア」。そんなステージアを手放される方に共通していることがあります。

それはとても大切に使われていること。

「高かったけど、思い切って購入した。」

購入時のことを覚えている方が多く、まだ使えるから少しでも高く売りたいとご相談をいただきます。
ステージアは生産完了モデルから現行モデルまで様々なラインナップがあり、ハイスペックなシリーズだけに中古品でも高価買取が期待できます。しかし、実際はそのシリーズやオプション品などによって同じモデルでも買取価格が大きく変動するのがステージアなのです。ここではステージアのシリーズ別に高額買取となるポイントや買取相場の一例をご紹介します。

この記事が大切にしていたステージアを気持ちよく手放すきっかけになれば幸いです。

ヤマハ ステージア買取相場

ここでは型番からお手元のステージアがいくらで売れるか、高価買取の期待はできるかなどご案内しております。状態、搬出状況、動作など諸条件により買取査定額は変動しますのであくまでも参考としてお考え下さい。

シリーズ 買取相場(2017.10)
ELS-01 10,000円~30,000円
ELS-01C 50,000円~70,000円
ELS-01X 100,000~200,000円
ELS-01CU 50,000~80,000円
ELS-01XU お問い合わせ下さい。
ELS-01CH 150,000円~200,000円
ELB-01 5,000円~30,000円
ELB-01 10,000~30,000円
ELB-02 40,000円~60,000円
ELS-02 お問い合わせ下さい。
ELS-02C お問い合わせ下さい。
ELS-02X お問い合わせ下さい。
ELC-02 お問い合わせ下さい。

 

いかがでしょうか。やはり、ステージアの買取相場には幅がありますね。

古いエレクトーンや電子ピアノであればこれほど相場に幅はありません。【電子ピアノ 買取価格】いくらで売れるか相場チェック!電子ピアノの買取相場もご参照下さい。

ステージアは特殊なエレクトーン、故にきちんと価値を判断することが難しいのかもしれません。

ここからは各モデルごとに詳細をご説明していきます。

 

「ELS-01」2004年発売

元祖ステージアのスタンダードモデル

発売から10年以上も経過する元祖ステージアのスタンダードモデルですが、廃盤となっている現在でも買取の期待ができます。
それはなぜか?大きな理由の一つは本体自体の機能が古くても、オプション品のバイタライズユニット「ELSU-V02」を装着することで後継モデルであるELS-02へのグレードアップが可能である点です。つまり、中古市場では敢えてこのELS-01を安く購入して、グレードアップをして使うという賢い方法もあるのですね。10年以上も昔のモデルだからといって簡単に諦めていませんか?処分をする前にリサイクルショップへの売却をぜひ検討しましょう。

 

「ELS-01C」2004年発売

ヤマハ ステージア ELS-01C

 

元祖ステージアのカスタム上級モデル

ELS-01と同様、このELS-01Cも2004年の同じ時期に発売されています。しかし、当時のメーカー小売希望価格も100万円を超えており、ELS-01のカスタムモデルであり上級者向けを対象とした高級エレクトーンです。それだけに中古相場もELS-01よりも高額買取が期待できるといえるでしょう。こちらもオプション品のバイタライズユニット「ELSU-V02」を装着することが可能なモデルです。

「ELS-01X」2005年発売

ELS-01/01Cを超えたプロフェッショナルモデル

ELS-01Xは、従来のELS-01/01Cを超えたプロフェッショナルモデルの仕様であることです。それでは一体何が大きく変わったのか?まず上・下鍵盤各61鍵、ペダル鍵盤25鍵を装備。そして、まさにプロ向けとしたステージ演奏での使用を想定しており、ペダルユニット背面に外部出力端子(フォーン、キャノン)を搭載。そのため、従来の本体用スピーカーは完全な別売りとなっている点がさすがのプロ仕様というわけですね。発売年月はELS-01/01Cの一年後である2005年発売ですが、中古相場の価格は製造年数などによっては10万円~20万円以上も差があります。しかし、プロモデルということだけあって中古品の取引数は01/01Cと比較して少ないのが現状です。それだけこのハイスペックなエレクトーンはもはや手に入れることが難しくなっているということでしょうか。今後もその傾向が強くなりそうです。

 

「ELS-01 typeU(ELS-01U)」2009年発売

ヤマハ ステージア ELS-01U]

ELS-01にUSBフラッシュメモリーを搭載したモデル

基本的な仕様はELS-01と同じスタンダードなモデルですが、スマートメディアの生産・需要衰退に伴ってUSBメモリー端子がメインとなって差し込み口も背面から前面へ搭載。
2009年に発売されたシリーズですが、定価もELS-01と基本的なベースは同じためほとんど変わらないので中古相場も大きくELS-01とELS-01Uの間では大きな変動はないでしょう。

ただし、すでにどちらも生産完了モデルです。例えば製造年数が2007年製と2013年製と違えば買取査定額も最大5万~10万円近くの差がでる可能性もありますので、事前にショップに確認しましょう。ELS-01Uをベースにしてバイタライズユニット(オプション品)を装着搭載しているケースは大幅に査定額が変わりますので同様に確認しておきたいポイントです。

 

「ELS-01C typeU(ELS-01CU)」2009年発売

ELS-01CにUSBフラッシュメモリーを搭載した上級モデル
基本的な仕様はELS-01Cと同じ上級者向けカスタムモデルです。USBユニットが前面に搭載されており抜き差しが容易で演奏中は奥にスライドも可能です。
このELS-01CUモデルはELS-01/01Uと比べても発売当時価格が100万円以上となっており、中古相場も流通量は少ないとはいえ2017年時点でも買取が期待できる代物です。
もちろん、製造年数・状態・搬出状況などによって変動する可能性がございますので事前に売却を検討しているショップに確認しましょう。

 

「ELS-01X typeU(ELS-01XU)」2009年発売

ELS-01XにUSBユニットを搭載したプロモデル
基本的な仕様はELS-01Xと同じプロフェッショナルモデルです。ELS-01/01C/01Xの各モデルにはこの「typeU」シリーズがございますが、いずれも仕様が変わっている点はUSBユニットが搭載されていること。しかし、このELS-01X/01XUモデルはその中でもプロフェッショナルを対象とした最上級モデルのため、2017年現在でも廃盤モデルに関わらず中古品でも高額な取引がされています。
ただし、注意したいポイントは中古市場での取引数が他シリーズに比べて非常に少ないということです。生産終了モデルということも影響しておりますが、後継モデルであるELS-02Xシリーズも現行でリリースされています。
ELS-01X/01XUをベースにしたバイタライズユニット(オプション品)を装着搭載しているケースを除いて、今後は中古相場の下落していくことが予想されるでしょう。

 

「ELS-01CH」2012年発売

ELS-01C typeUをベースにしたカスタムモデル
基本的な仕様はELS-01C typeUをベースにしておりますが、スピーカーと椅子はスタンダードモデルのものを装備しています。
そのため、ハイスペックなモデルでありながらリーズナブルに抑えているモデルですね。とはいえ、それでも定価は100万円近くする高額シリーズです。
生産完了品とはいえ2012年発売のシリーズとあって、中古市場ではまだまだ数が出回っておりません。

 

「ELB-01」2006年発売

ステージアミニ ELB-01

在庫僅かな希少現行シリーズ

ステージアの入門モデルとなっているELB-01(STAGEA mini)。大人だけでなく、子供まで使いやすいサイズと仕様になっています。
ただ、ELSシリーズへのグレードアップは不可となっている点やELSシリーズの後継機であるその他の現行モデルと比較して高価買取の期待は低いでしょう。
製造年数は大きな査定ポイントの一つとなるでしょう。

「ELB-02」2016年発売

ステージアの超ベーシックモデル

ステージアのベーシックモデルであり、入門モデルである「ELB-01」の後継モデルでありながらも子供も大人もエレクトーン初心者にとって扱いやすいシリーズになっています。
「ELB-01」と異なり、2016年に発売されたばかりですので当然ながら中古市場でもこれから需要が高まっていくでしょう。

「ELS-02」2014年発売

引き継いだ現行シリーズのスタンダードモデル

生産完了となっている「ELS-01」のグレードアップモデルとして、ステージアのスタンダードをまさに引き継いでいるモデルですね。
すでに生産完了となっている「ELS-01」に関しては、今後は買取需要の期待は下がっていくことが予想される一方、この「ELS-02」は中古市場での買取需要が高まっていくことは間違いないでしょう。

「ELS-02C」2014年発売

現行シリーズの上級カスタムモデル
基本的な機能はスタンダートモデルである「ELS-02」をベースにしておりますが、「ELS-02C」はより音の表現にこだわった上級者向けの機能を兼ね備えたカスタムモデルです。
定価も100万円近くする現行シリーズの中でもハイスペックモデルとなります。
当然ながら、中古品となってもまだ5年以内のシリーズのため高価買取の期待は高いシリーズとなりますね。

 

「ELS-02X」2014年発売

ありとあらゆる音の表現を可能にしたプロフェッショナルモデル
現行シリーズの中でも、「ELS-02X」はプロフェッショルな音の表現を可能にしたハイスペックシリーズです。
上下61鍵+ペダル25鍵というこれまでに搭載されていないフルスケールな仕様で、定価も158万円という超高級モデルです。
とてもエレクトーン初心者には手が出せないといったお値段ですよね。
そもそも2014年の発売された現行シリーズとはいえ、中古市場でもまだ取引実績が非常に少ないのが現状です。
一般大衆向けとは一線を置くモデルのため、中古買取相場もまだまだ確立されていないといって良いのではないでしょうか。

 

「ELC-02」2016年発売

分解・持ち運びが容易なカジュアルなシリーズ

現行シリーズの中でも発売時期が2016年と最も新しいステージアの「ELC-02」。
これまでの音の表現力といった機能向上とは別に、自分の好きな場所で気軽にエレクトーンを楽しめるという点に重点を置いたシリーズです。
そのため他のシリーズと違って外見は非常にスマートになり、分解持ち運びが容易となっております。
エレクトーンを楽しむ人たちが求めていたニーズをしっかり汲み取ったモデルと言えそうです。今後も中古市場での高価買取が期待できる現行シリーズの一つでしょう。

買取価格アップ!ステージアのオプション品

ステージアは装備されたオプションにより買取価格が大きくアップします。売却するにあたりぜひともセールスポイントとしてアピールしたいポイントです。あなたのステージアにはこれらのオプションついていませんか?

バイタライズユニット「ELSU-V02/V02X」

バイタライズユニットとは、ステージア「ELS-01」シリーズをご愛用している方を対象に、現行シリーズである「ELS-02」シリーズと同等の機能を搭載させる2014年に発売された専用ユニットです。
ユニット交換には費用がかかる上、このユニット自体の定価も24万と高額ですので取り付け工賃を含めると30万近くするオプション品です。
つまり、もともとは生産完了品であるELS-01であってもこのバイタライズユニットが搭載されていればELS-02と同等の価値があるといっても過言ではないでしょう。
中古品でこのユニットを搭載しているなら、売却の際は必ず伝えるべき必須事項と言えるほど査定には影響してくるパーツです。

 

メインユニット「ELSU-M02C」

定番モデルからカスタムモデルへ!

スタンダードモデルである「ELS-02」からカスタムモデル「ELS-02C」へグレードアップするためのメインユニットです。
こちらも取り付け料と本体価格を合わせると30万円近くする高価なオプション品ですね。
基本的に「ELS-02」を使用している方限定のオプション品となります。

キーボードユニット「ELSU-K02X」

カスタムモデルからプロフェッショナルへ!

カスタムモデルである「ELS-02C」からプロフェッショナルモデルである「ELS-02X」へグレードアップするキーボードユニット。
ELS-02Xに搭載されている上下61鍵盤のキーボードをELS-02Cに取り付けるための専用ユニットというわけですね。
プロフェッショナルモデルを購入したい方にとって、定価を考えてもなかなか簡単に手は出せませんよね。
しかし、このユニットに交換すればプロフェッショナルモデルの性能が味わえるということですね。

ペダルユニット「ELSU-P02X」

カスタムモデルからプロフェッショナルへ!
キーボードユニットと同様、カスタムモデルである「ELS-02C」からプロフェッショナルモデルである「ELS-02X」へグレードアップするペダルユニットです。
ELS-02Xに25鍵アフタータッチ付ペダル鍵盤をELS-02Cのベースに取り付けるための専用ユニットというわけですね。
キーボードユニットと合わせて交換する方も多いかもしれませんが、キーボードとペダルを両方取り替えるだけでも60万近くする高価なオプション品です。

装着されているかそうでないかで査定額が大きく変わってくる理由も頷けるのではないでしょうか。
このようなオプション品の取り付けによってグレードアップが可能となっているため、定番モデルで年式が古くてもこれらのオプション品によって高価買取が期待出来るのもYAMAHA・ステージアならではかもしれません。

ステージアを売却する前の確認事項

これまでご売却予定のステージアを手放す際、買取査定額に大きく影響する「モデル、製造年、オプション」をご確認頂きましたが、「設置場所、バージョン、売却エリア」によっても買取価格は変動致します。

 

設置場所は事前に伝える

ヤマハのステージアは、モデルによっては総重量が100kg前後あるため、搬出対応できるか事前に設置場所を買取店へ伝えましょう。
基本的に、スピーカーユニット部分やペダルユニット部分に関しては取外しが可能ですが、設置状況は買取査定の重要なポイントになります。
例えば、屋内階段2階以上の設置。階段搬出が可能な場合でも、ショップによっては断られてしまうケースもあります。
屋外階段でも特に3階以上の搬出作業が必要になる場合は、査定額にも影響してくる可能性がありますので注意したいですね。
リビングと階段

 

バージョンアップする

バージョンアップと聞くと、何やら難しく面倒な作業が必要になるイメージですよね。ただ、このバージョンが査定時に最新になっていないだけで査定額が下がってしまうのはもったいない話ですね。
YAMAHAのホームページから各シリーズの最新のバージョンアップ方法についても説明されています。是非とも売却前にバージョンアップしましょう。
モデルによって最新バージョンが違いますが、それぞれホームページに記載されているので確認しましょう。

 

近隣ショップへ依頼

近年、大型製品の輸送事故の影響もあって大手配送業者も精密機械の輸送を中止しています
現在、ステージアの配送にあたっては配送業社によってお客様にて梱包をする必要があるなど一部制限もみられます。
宅配買取や郵送による買取方法もございますが、特にステージアのような大型製品の場合は輸送コストなどもかかってしまいますので、可能な限り自宅から近いショップに依頼する方が良いでしょう。

大型商品は東京都・神奈川県・埼玉県一部地域のみ買取専門店アシストでご対応可能です。

 

ステージアを少しでも高く売る為に

高額商品ステージアならではでしょうか、買取相場にかなり幅がございます。
現行モデルやオプションパーツのついているモデルなど、なるべく高く売るためにはステージアとあわせて他の楽器を売却することです。

ステージをご売却のお客様からこんな楽器も一緒にお売り頂いております。

  1. クラシックギター
  2. トランペット
  3. サックス

そのほかにも、お父さんが大切にしていたカメラの買取も一緒にお売り頂くことがございます。
是非、「お部屋が片付く!」まとめて売れる便利な買取店アシストにご相談下さい。

 

気持ちよく「ステージア」を手放した【お客様の口コミ】

当社でも今回ご紹介させていただいたヤマハ・ステージアの買取実績がございますが、ご依頼いただく経緯として印象に残っているのは、

「子どものために買ったけど、大きくなって今は使わなくなってしまったから」

と、いう理由ですね。
ステージアで演奏する子供
そのときのお客様の表情はどこか優しげであって一つの節目を迎えたような表情でした。
幼い頃はエレクトーンの演奏が好きでも時が経てば別の楽器に興味を持っているかもしれません。
様々な事情によってステージアを手放さなければならなくなっても、それまでステージアと一緒に自分の子どもが費やした時間はとても貴重だと感じます。

昔、子供のためにと思い切って購入したステージア、今度はそのステージアを思い切って購入しようとしているお父さん、お母さんへつなぎませんか。

大切に使われてきた思い出のあるステージアを次世代の子供たちにも大切に使ってもらえたら、それが一番「ステージアが活きる」ことだと思います。

ヤマハステージアを手放したお客様の口コミ

参照:アシスト大和本店/エキテン

そんな思いを大切にして、買取専門店アシストのスタッフはお客様にサービスをご提供しております。

【楽器買取】全国どこでも楽器を売るならアシストにお任せ下さい。

ご質問や査定のご用命はお気軽にお問い合わせ下さい。

▼ 祝!! 弊社小平店が大手口コミサイト「エキテン」で掲載21504店舗中全国1位を獲得
今後も皆様のお役に立てるリサイクルショップとして従業員一同邁進して参りたいと存じます。

アシストロゴ

関連記事

スタッフ募集

友だち追加数
問い合わせ
ページ上部へ戻る