テントは長く使用していれば、大切に扱っていてもパーツに不具合が生じてしまうものですよね。例えばシート表面の変色、破れ。また、各ポールを繋ぐワイヤーの切断など。もともと屋外で雨風を防ぐために使われる物ですので、屋根や側面などの重要な場所の破れや設営自体に支障があれば当然ながら本格的な補修が必要になるかと思います。ここではキズや破れ、部品欠品などの症状はあるものの素人でも少し補修や手直しをすれば使うことが可能な状態を「訳あり品」として位置付けております。テント所有者にありがちなのはハンマー・ペグ・ロープの欠品ではないでしょうか。10本あったはずのものが7本しかないなど破損や紛失をしやすい部品です。しかし汎用メーカーでも代用がしやすいこれらの部品欠品については、フライシートの破れがある状態のテントに比べれば査定額への影響は少ないと考えられますね。現状では快適に使えないし、そのまま置いていても何だかもったいない。専門メーカーに修理を依頼すると高くつきそうだ。そんなお悩みを抱えたまま「訳ありテント」をお持ちではないでしょうか?ここでは、そんな訳ありテントを現状のままでも売れてしまう一流テント・シリーズをご紹介いたします。

INDEX
  1. コールマンのクラシックテント/300 ストロベリー
  2. ノルディスクのユドゥン5.5
  3. MSRのFURY(ヒューリー)テント
  4. オガワのリサービア3
  5. モンベルのムーンライトテント7型
  6. 世界には訳ありテントでも探している人がいる

コールマンのクラシックテント/300 ストロベリー

まるでおとぎ話の世界にでてきそうな可愛らしいデザインのコールマン・クラシックテント/300。現行モデルでファミリーに人気のテントでありますが、こちらのテントについては一部商品に支障があっても買取は期待はできそうです。例えば、フライシートの破れやポールワイヤーの一部切断、変色などの状態であっても買取対応してくれるショップは多いでしょう。もちろん、メーカーに依頼しなければ直らない専門技術を要する状態では、売却の期待も下がってしまいます。訳あり品については事前にショップとの情報共有が大切ですね。訳あり品の査定ポイントしては、2点あります。1つ目は新品なのか中古品なのかということ。もう1点はどのパーツにどのような問題(症状)があるのか。同じ程度の破れでも屋根部分にあるのか入口付近にあるのかで査定には大きく影響するでしょう。買取方法についても、お店にお持ち込みが前提となるケースも考えられますので確認しましょう。

ノルディスクのユドゥン5.5

ノルディスクのYdun 5.5(ユドゥン)は、コットン素材の4人向けファミリーテントです。ノルディスクからリリースされているテントであれば、一部訳あり品でも買取の期待が高い製品が多いのではないでしょうか。それは、定価10万円以上する高価なラインナップが多いことも大きな理由の一つではあります。しかし、何といっても新品では金銭面的な部分でも簡単に手が届かないノルディスクの製品は、いつか使ってみたい憧れの対象でもあると思います。そのため、買い手にとっては多少の破れなどの不具合があっても自分で直して使える程度のものであれば、当然安く手に入れられるチャンスでもありますよね。訳あり品でもノルディスクのテントの相場が高い最大の理由かもしれません。

MSRのFURY(ヒューリー)テント

MSRのFURY(ヒューリー)テントは,2人用の登山向けテントです。現在ではMSRのホームページでも掲載がない希少品になっています。このヒューリーテントに限らずMSRの登山向けテント全般のモデルに関しては、床面のグランドシート・フライシートに多少の破れや劣化がある訳あり品でも買取の期待が高いブランドです。しかし、プロの登山家など雪山でも使用可能なモデルも多く扱うMSRのテントですから、ハイスペックなモデルになればなるほど破れや劣化によって大きく値下がりしてしまうでしょう。また、新品未使用品と中古品では同じ訳あり品でも買取価格が大きく変動しますので、売却をするショップと事前に情報共有はしましょう。

オガワのリサービア3

オガワの5人用ファミリーテントであるリサービア3。2ルームテントではないが、リビングルームの空間も存在するドーム型テントのハイスペックモデルです。オガワテントについても、ノルディスクと同じような一種の憧れをもったキャンパーがやっぱり多いように感じます。このリサービア3も定価は10万近くする高級テントですね。現実的に簡単に手に入れられるような金額ではありませんよね。破れや劣化、部品欠品などがある訳あり品だとしても手にしたいユーザーが非常に多いブランドですので、オガワのテントであれば訳あり品でも買取の期待は高いでしょう。

モンベルのムーンライトテント7型

モンベルのムーンライトテント7型は、最も古い歴史のあるシリーズのテントです。ムーンライトシリーズは1型・2型・3型・5型とラインナップがありますが、定価の関係上、この7型は訳あり中古品であっても最も買取の期待ができるでしょう。1型から3型までの初期のモデルについてはフライシートのべたつきやシームテープの劣化など、よくありがちな訳あり状態があると買取の可能性も低くなってしまうでしょう。モンベルはショッピングモールなどにも実店舗が国内にも充実しているので、多少の症状ならメーカーでも対応してくれるとは思いますが、修理費用などがかかってしまいますし、現状のまま売ってしまいたい場合などは買取専門店アシストへご相談ください。

世界には訳ありテントでも探している人がいる

このように一部状態に支障がある訳ありテントでも、売れる人気ブランドのテントをご紹介してきましたが、テントに限らずどんなジャンルの物でも昔から【ジャンク品】【訳あり品】という物は存在してきました。こうした物でも必ず探されている方は世界中にいらっしゃいますね。それはもともと品質レベルが高い日本国内特有の現象かもしれません。

もちろん、愛着があるテントであればメーカーに修理を依頼してまた使うという方法もありますが、ここでは現状のままでもリユースを前提に売ることができる日本や海外を代表するメーカーのテントを紹介しました。

もし部品がないから、汚れているから、キズや破れがあって使っていないままになっているテントがあれば、そのテントを最大限使ってもらえるためにも弊社スタッフは中古品売買のお手伝いをさせていただきます。

ご質問や査定のご用命はお気軽にお問い合わせ下さい。

祝!! 弊社小平店が大手口コミサイト「エキテン」で掲載21504店舗中全国1位を獲得

今後も皆様のお役に立てるリサイクルショップとして従業員一同邁進して参りたいと存じます。

こちらからお問い合わせください
総合専門受付ダイヤル(月、第2金を除く 09:00-18:00)050-3734-2296総合専門受付ダイヤル(月、第2金を除く 09:00-18:00)050-3734-2296 WEB査定はこちら 24時間受付中WEB査定はこちら 24時間受付中 LINE査定はこちら 24時間受付中LINE査定はこちら 24時間受付中