「そろそろブルーレイレコーダーを買い替えたい。」
「ブルーレイレコーダーって下取りしてるお店あるのかな?買取?それとも処分?」

今回はそんなブルーレイレコーダーの下取りについて知りたい方に向けて記事を書きました。

こんにちは!マスコットのリッキーです。

リッキー

リッキー

ブルーレイレコーダーの下取りについて気になるかたはチェック!

結論からお伝えすると、家電量販店で新品購入を前提に買い替えた場合にブルーレイレコーダーの下取りについて、大手8社の対応では【「ノジマ」の下取りサービスが最もお得に買い替えられる】ということが分かりました。

「ノジマ」では【下取りチェッカー】という下取りサービスと業務提携しており、スマホで簡単に下取り価格が分かる画期的なサービスを導入しています。

その為ブルーレイレコーダーの下取りについては、メーカーやモデルごと個別に下取り査定となっているノジマが一強という印象です。

ですが各社のサービス内容も様々で、時期によってキャンペーンをおこなっていたり、ポイントサービスなどもあります。

上記の結論を踏まえて、もう詳しく見ていきましょう。

PR 買取品目 家電(SP) 年間7,000件を超える買取実績! 口コミサイトでトップクラスの高評価! リサイクルショップ「出張買取のアシスト」 市場価値のあるものなら「何でも買取」 まとめてお部屋やお家が片付きます!

大手家電量販店のブルーレイレコーダー下取り相場

ここでは家電量販店8社でおこなっているブルーレイレコーダーの下取りについて表にまとめてみました。

パナソニック:ブルーレイレコーダー(DMR-BRG2030)2017年製の下取りの場合
家電量販店 店頭下取り価格(マイナスの場合は処分費用) 郵送での下取価格(マイナスの場合は処分費用)
ノジマ 11,600円 11,600円(送料は実費)
ヤマダデンキ -220円 訪問回収時は、別途出張料金がある
ヨドバシカメラ 11,000円(買取) -550円
ビックカメラ 11,000円(買取) -1,958円
コジマ 11,000円(買取) -1,958円
エディオン -550円
ケーズデンキ -550円
ジャパネットたかた 下取り前提で-900円

※2024年5月時点当社調べとなります。実際の下取り価格と異なることもあります。
※各社ブルーレイレコーダー購入者を対象としたサービス料金

上記の表のように大手家電量販店のなかには、下取り価格がプラスとなるお店が限られています。 概ね、どのお店も【小家電リサイクル】という名目の処分を前提にしている為、ブルーレイレコーダーの下取りには、あまり積極的な情報を公開しておりません。 ここからは各社の下取りについて、もう少し詳しく解説していきます。

1.ノジマ

「ノジマ」では「下取りチェッカー」という事前に下取り価格が分かるシステムが導入されています。

下取りチェッカー

下取りチェッカーを使えば、誰でもかんたんに下取り価格が調べられる新しい下取りサービスです。

只今、家電専門店ノジマ全店と連携中!
(下取りチェッカー公式サイト)

2022年の6月よりブルーレイレコーダーも対象となっており、11年以内のモデルを対象にスマホで簡単に下取り価格がチェックできます。

ノジマ 【ブルーレイレコーダー】下取りサービス

  • モバイル会員に登録すると無料引取
  • 下取りチェッカーでモデルごとの査定価格
  • ネット購入の場合にも下取りサービス有り

もしブルーレイレコーダーの買い替えを検討しているのなら、一度下取り価格をチェックしてみて下さい。
LINE・WEBで簡単に査定額を調べられます。

なお、ノジマではレコーダーの処分のみをおこなっていません。ただし、モバイル会員様限定で「同等商品の購入」または「購入から30日以内でお買い上げ」の場合は購入数と同じ数量まで処分が可能です。

2.ヤマダデンキ

「ヤマダデンキ」では、ブルーレイレコーダーの下取りサービスはありませんでした。

 【ブルーレイレコーダー】下取りサービス

  • ブルーレイレコーダーの下取りサービスはおこなっていない
  • 買取もやっているがブルーレイレコーダーは対象外
  • 店頭持込での有料引取サービスはおこなっている

「ヤマダデンキ」では、ブルーレイレコーダーの下取りサービスはありませんでした。

「冷蔵庫」「洗濯機」などの大型家電の買取サービスはあるものの、ブルーレイレコーダーは買取も対象外。

店頭に持ち込んだ場合、220円で処分をしてくれるようです。

ヤマダ電機 小家電回収

3.ヨドバシカメラ

「ヨドバシカメラ」では、ブルーレイレコーダーの下取りサービスはないですが、有料での引取はおこなっています。

【ブルーレイレコーダー】下取りサービス

  • ブルーレイレコーダーの下取りサービスはおこなっていない
  • 買取サービスはデジタル機器がメイン
  • 店頭持込での引取サービスはおこなっている
  • リサイクル利用券での引取サービスもおこなっている(費用2,200円)

「ヨドバシカメラ」では、ブルーレイレコーダーの下取りサービスはありませんでした。

買取サービスはあるもののデジタル機器がメインとなっていたので、ブルーレイレコーダーで問い合わせてみたところ、「パナソニック:DMR-BRG2030」の場合、未開封のものなら11,000円で買い取るとの事でした。
中古の場合、箱などが無くても減額となり最低で10円になるそうです。 

率直な感想として、あまり力を入れておこなっている印象はありませんでした。
ネットでの購入者には、商品到着時に回収する引き取りサービス(-550円)があります。

4.ビックカメラ

「ビックカメラ」ではブルーレイレコーダーの下取りサービスはなく、買取については「ラクウル」というアプリでおこなっているようでした。

 【ブルーレイレコーダー】下取りサービス

  • ブルーレイレコーダーの下取りサービスはおこなっていない
  • 買取サービスは「ラクウル」というアプリでおこなっている
  • 郵送の引取サービスをおこなっている

「ビックカメラ」では大型家電などの下取りはやっていますが、ブルーレイレコーダーの下取りサービスはありませんでした。

ですが「ラクウル」というアプリで買取サービスをおこなっており、比較的新しい(概ね新品から5年以内)ブルーレイレコーダーについては、買取対象となっています。

RAKU-URU トップ画面

買取にならないモデルについては、小家電の郵送処分を受け付けており、1,958円の費用負担となっていました。

購入商品と同一商品の場合は、「店頭持込時」「商品配送時」「設置工事時」に無料下取りをおこなっているそうです。(購入商品1点につき不用品1点下取り、ネットショップでの購入は対象外)

5.コジマ

「コジマ」ではブルーレイレコーダーの下取りサービスはなく、買取については「ラクウル」というアプリでおこなっているようでした。

【ブルーレイレコーダー】下取りサービス

  • ブルーレイレコーダーの下取りサービスはおこなっていない
  • 買取サービスは「ラクウル」というアプリでおこなっている
  • 郵送の引取サービスをおこなっている

「コジマ電気」はビックカメラ系列なので、ブルーレイレコーダーの下取りサービスについては、同様の対応となっています。

また、2024年5月現在、指定機種の購入で最大20,000円分くらし応援ポイント進呈に加えて、同時購入で税込価格より最大2万円引きしてもらえるキャンペーン『4Kチューナー内蔵BDレコーダー祭』をおこなっています。ぜひチェックしてみてください。

参考:『4Kチューナー内蔵BDレコーダー祭』

6.ケーズデンキ

「ケーズデンキ」では、ブルーレイレコーダーの下取りサービスはありませんでした。

ブルーレイレコーダー引取

  • ブルーレイレコーダーの下取りサービスはおこなっていない
  • 買取サービスもなし
  • 店頭での引取はおこなっている

「ケーズデンキ」では、ブルーレイレコーダーの下取りは基本的に処分を前提としたものとなっていました。

ですが家電リサイクルを推進しており、小型家電の引取をおこなっています。
一部無料となっていますが「ブルーレイレコーダー」は550円の処分費用がかかります。

7.エディオン

「エディオン」ではブルーレイレコーダーをはじめ家電の買取をおこなっていません。

ブルーレイレコーダー引取

  • ブルーレイレコーダーの下取りサービスはおこなっていない
  • 買取サービスはゲーム機・ソフトのみ
  • 店頭での引取はおこなっている

「エディオン」では、ブルーレイレコーダーの下取りはおこなっていないようでした。

買取サービスはおこなっていますが、ブルーレイレコーダーは対象外となっています。

店頭での小家電の引取サービスはおこなっており、ブルーレイレコーダーは550円で処分できます。

エディオン 小家電リサイクル

8.ジャパネットたかた

ネットショッピングで有名な「ジャパネットたかた」では、ブルーレイレコーダーの下取りをおこなっています。

方法としてはブルーレイレコーダーの購入することで、有料で引き取るというものです。

ジャパネットたかたのブルーレイレコーダー引取

  • ブルーレイレコーダーの下取は一律900円の有料
  • 処分や引き取りはおこなっていない
  • 運搬収集費が別途かかるため実際の金額は商品サイズや地域による

「ジャパネットたかた」では、ブルーレイレコーダーの購入者のみが対象のとなっており、買取サービスや処分のみのサービスはおこなっていません。

ジャパネットたかた テレビリサイクルの条件

また、下取り値引きに関しては上記の下取り手数料や運搬収集費が別でかかるため実際の値引き価格と異なります。
よく検討しましょう。

ブルーレイレコーダーの下取り・買取・処分のちがい

最後にブルーレイレコーダーの下取りと買取・処分、それぞれのちがいについて触れておきます。

ブルーレイレコーダーの下取りの基礎知識

「ブルーレイレコーダーの下取り」とはブルーレイレコーダーの買い替え、つまり新品商品を購入前提の場合に、古いブルーレイレコーダーを引取ってもらえるサービスです。

下取りは大きく分けると、3つのパターンに分かれます。

  • 買取してもらえる場合
  • 無料引取してもらえる場合
  • 有料(処分費用として)で引取してもらえる場合

ブルーレイレコーダーの下取りに関しては先にご覧いただいたとおり、買取に至るケースはないと言ってよいと思います。

大半は有料にて引取をおこなっている販売店が多いという結果でした。

現時点でブルーレイレコーダーの下取りは【下取りチェッカー】のみになります。

販売店により下取りのブルーレイレコーダーを買取・引取・処分として対応するかはさまざまです。
ふだん有料引取であるお店が下取りでポイントキャンペーンをおこなうこともありますので、まずは実際にいくらになるのか、購入予定の品物と総合的に判断すると良いでしょう。

ブルーレイレコーダーの買取

家電量販店に限らず、リサイクルショップで買取してもらえるブルーレイレコーダーももちろんあります。

対象としては 、一般的に概ね製造から5年以内の国内メーカーのモデルです。

6年以上経過したブルーレイレコーダーにおいては、無料引取や買取不可になることも少なくありません。

つまり 買取を選ぶなら製造5年以内のモデルまで。 製造6年以上経過しているモデルは下取りと比較して検討が良いと言えます。

ブルーレイレコーダーの買取については「【BDレコーダー 買取】リサイクルショップで売る時のポイントは?」でも詳しくご紹介をしています。
またブルーレイレコーダーの買取相場については「ブルーレイレコーダー 買取価格」でもご覧いただけます。

ぜひ参考にしてみてください。

小家電リサイクル法とは

ブルーレイレコーダーなどの家電製品は、リユースすればゴミが減ることはもちろん、正しくリサイクルすることで資源になります。

小型家電リサイクル法とは ”デジタルカメラやゲーム機等の使用済小型電子機器等の再資源化を促進するため、主務大臣による基本方針の策定及び再資源化事業計画の認定、当該認定を受けた再資源化事業計画に従っておこなう事業についての廃棄物処理業の許可等に関する特例等について定めた法律です。”

※ 引用:環境省 / 小型家電リサイクル法 ~法律の概要・関係法令~

ブルーレイレコーダーはリユースされない場合、正しく処理する必要があります。

まとめ

今回はブルーレイレコーダーの下取りについて、家電量販店8社の違いを比較してきました。

ブルーレイレコーダーの下取りでプラスになるお店はノジマ一社でした。

最後にもう一度まとめます。

  • 下取りに対応しているのはノジマのみ
  • ノジマ以外の家電量販店では、無料・有料回収
  • 買取になるブルーレイレコーダーは製造から5年以内の国内メーカーのモデル
  • 製造5年以内のモデルは買取、製造6年以上経過しているモデルは下取り

そして、まだ数年しか使っていない比較的新しいブルーレイレコーダーについては買取もひとつの選択肢として検討してみましょう。
ぜひお引越し、買い替えの際のご参考なれば幸いです。

総合リサイクルのアシストでは『ブルーレイレコーダーの買取』をおこなっております。
※家電買取のご案内はこちら ⇒家電の買取・査定

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』をお気軽にご利用ください。

こちらからお問い合わせください
総合専門受付ダイヤル(月、第2金を除く 09:00-18:00)050-3734-2296総合専門受付ダイヤル(月、第2金を除く 09:00-18:00)050-3734-2296 WEB査定はこちら 24時間受付中WEB査定はこちら 24時間受付中 LINE査定はこちら 24時間受付中LINE査定はこちら 24時間受付中