「取り外してしばらく放置したままのカーオーディオがある。」
「もう使うこともなさそうだし売れないかな?」

そんな不要になったカーオーディオでお悩みの方はいませんか?

こんにちは!リユース業界歴10年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田駒田

どんなカーオーディオが売れるかチェック!

まずはじめにカーオーディオの買取は、社外品を前提にしている買取店がほとんどです。
もちろん純正品でも買取になるモデルもありますが、条件が限られてきます。

今回は買取が期待できるカーオーディオの情報
買取してもらう時に押えておきたいポイントを解説していきます。

買取が期待できるカーオーディオは?

カーオーディオの買取で最初のポイントとなるのが【メーカーとモデル】です。
ここでは各パーツ毎に人気メーカーやモデルの一部を買取相場(2021年6月現在)と合わせてご紹介していきます。

カースピーカー

PIONEER/パイオニア TS-205 カー スピーカー

カーオーディオ用のスピーカーはホーム用と違い、ユニットのみの場合がほとんどです。
『アルパイン』や『カロッツェリア』といった定番メーカーはもちろん、近年では輸入メーカーの品も人気となっています。

ツイーターやネットワークが別体となっている2WAYスピーカーでは、高価買取が期待できます。

カースピーカー
モデル名 参考買取価格
ALPINE/DLXーZ17PRO 12,000円-27,000円
carrozzeria/TS-Z172PRS 15,000円-30,000円
KENWOOD/KFC-XS1703 3,000円-8,500円
FOCAL/K2Power 165KRX2 7,000円-20,000円
ROCKFORD/T2652-S 4,000円-12,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

ヘッドユニット

カロッツェリア デッキ

操作部にあたるヘッドユニット。アンプ内蔵となっており最近ではBluetooth対応が一般的です。
ナビと一体になってることも多く、音質にこだわったカーナビも人気となっています。

純正ユニットは取り付けられる車種が限定される為、買取に至らない場合もあります。

ヘッドユニット
モデル名 参考買取価格
carrozzeria/DEH-P01 12,000円-31,000円
ALPINE/CDA-7897J 6,000円-18,000円
KENWOOD/MDV-Z904(ナビ) 12,000円-28,000円
DIATONE/NR-MZ100PREMI(ナビ) 20,000円-46,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

車載用アンプ

ロックフォード 車載用アンプ

カーオーディオにおいては、やや上級者向けとなるアンプ。高級志向なものが多く中古市場でも人気アイテムです。
ハイエンドモデルでは10年前の品でも買取の可能性があります。

車載用アンプ
モデル名 参考買取価格
ALPINE/PDX-F4 6,000円-15,000円
carrozzeria/RS-A09X 40,000円-68,000円
ロックフォード/T600-4 10,000円-22,000円
AUDISON/VRX4.300 8,000円-20,000円
LUXMAN/CM-6000 35,000円-61,000円

※記載している買取相場は、お品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

ウーファー

ロックフォード ウーファ

ボックス型や薄型、ユニットのみと種類の多い「ウーファー」。自作のBOXでもユニット次第で買取になります。
海外メーカーの人気が高く、サイズの大きなタイプほど高価買取が期待できます。

車を手放す際、比較的容易に外せるアイテムなので処分せずにとっておくと良いでしょう。

ウーファー
モデル名 参考買取価格
carrozzeria/TS-WX130DA 2,000円-7,000円
KICKER/S10L7 4,000円-11,000円
ロックフォード/T1D412 4,000円-12,000円
FOCAL/K2 POWER 33KX 7,000円-20,000円

※記載している買取相場は、お品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

純正のオーディオは買取してもらえないの?

社外品と交換してあまった純正オーディオ。基本的に買取になりにくいのは確かです。
ですが、新しいモデルや高級車のオーディオでは買取になる可能性があります。

買取の可能性がある純正品
  • 新車外ししたもの
  • 純正オプション
  • 高級車の純正オーディオ
  • 昭和車などの旧車のもの

上記のような純正オーディオは思わぬ金額がつくこともありますので、諦めずに査定に出してみましょう。

カーオーディオを高く買取してもらうためのポイント

きれいな状態で査定してもらおう

まず見た目の印象は大切です。きれいな方が買取価格は高くなります。
長年使用していた場合、端子などにホコリが溜まっていることがあります。
事前に清掃しておくと査定スタッフにも好印象です。

不要になったら早めに売却しよう

早めの売却は高く売るための一つのポイントです。それは以下のような理由があるからです。

  • 放っておくとモデルが古くなる
  • 保管状況によっては劣化する
  • 使わないものにスペースを取られている

経年により劣化したり型落ちとなると査定額も下がってしまいます。
放置したまま価値が下がる前に手放すほうが良いでしょう。

不要なカー用品はまとめて依頼する

リサイクルショップの査定では依頼点数は多いほど有利です。
まとめて依頼することで出張コストが下がるので、その分を買取金額に乗せやすくなるからです。

  • アルミホイール
  • ルーフキャリア
  • ステアリング
  • カーナビ

以上のようなものがセットであれば買取査定での交渉材料になります。
もし他にも家庭用のオーディオ機器があるようなら合わせて依頼するようにしましょう。

買取してもらえなかった時は?

「残念だけど買取にならなかった。」
「買取してもらえなかったら捨てるしかないのかな?」

ここでは買取以外のカーオーディオの手放し方についてご紹介していきます。

リサイクルショップで引取してもらえるケース

リサイクルショップではカーオーディオを無料で引取してもらえるケースがあります。
古いカーオーディオは海外でもとても人気があり、そのため買取ができないカーオーディオでも海外リユースとして取り扱いすることができるからです。

「ずっと大切に使っていたものなので、捨てたくない」
そんな思い入れのあるカーオーディオがあれば、最寄りのリサイクルショップに相談してみましょう。

フリマアプリなどを活用する

メルカリやヤフオク、ジモティーなどの個人間取引サイトを利用して次の方に譲る方法です。

買取店で取り扱えなくても個人売買であれば欲しいという方が見つかるかもしれません。

ただし以下の点には注意が必要です。

個人売買を利用するときの注意事項

  • 出品や商品発送などの手間がかかる
  • モデルによっては売れない可能性もある
  • トラブルは基本的に自己責任

時間や手間を惜しまなければ、自分で売ってみるのも1つの手段です。
ある程度の責任を伴いますので、その分高く売れることもあります。
一度チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

まとめ

カーオーディオは家電などと違い、買取や引取ができない場合がとても少ない製品です。

総合リサイクルのアシストでは『カーオーディオの買取』を行っております。
※楽器買取のご案内はこちら ⇒楽器の買取・査定

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』
遠方にお住まいのかたは、全国どこからでも買取OK『宅配買取』をお気軽にご利用ください。