「しばらく乗っていない電動自転車。置きっぱなしにしてたけど処分しないと…」

そんな不要になった電動アシスト自転車にお悩みの方はいませんか?

こんにちは!リユース業界歴11年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田駒田

電動自転車を売る時のポイントをご紹介!

子供の送り迎えや近所のお買い物で便利だった電動自転車も、処分となると粗大ゴミになってしまい費用が掛かります。

ですが、まだ乗れる状態なら古くなった電動自転車でも買取してもらえることもあります。

大まかな条件としては以下のようになります。

  • おおよそ製造から7年以内のモデル
  • 走行に問題がない
  • バッテリーに問題がない

今回は買取が期待できる電動自転車について、人気メーカーや査定時のポイントについて解説していきます。

買取期待の人気メーカー3選

電動アシスト自転車の買取で最初のポイントとなるのが【メーカーとモデル】です。
ここでは各メーカーの人気モデルを買取相場(2022年04月現在)と合わせてご紹介していきます。

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハ 電動アシスト自転車 PAS with SP

ヤマハ「PAS」シリーズは、電動自転車の中でも人気の高いモデルが揃っています。
一般的なママチャリタイプにおいてもバッテリーやサイズの違いでバリエーションが豊富です。

特殊な子供乗せモデルやスポーツモデルは、状態が良いと古くても高価買取が期待できます。

電動アシスト自転車
モデル名参考買取価格
スポーツタイプ:PAS BRACE21,000円-55,000円
PAS CITY8,000円-41,000円
子供乗せタイプ:PAS Babby16,000円-40,000円
子供乗せタイプ:PAS Kiss10,000円-36,000円
PAS With8,000円-33,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

パナソニック(Panasonic)

パナソニック ベロスター・ミニ 電動アシスト自転車

パナソニックの電動自転車は「ViVi」を筆頭にモデル展開されていますが、形状によって名称がそれぞれ異なります。
中古市場での流通量が多く、新しいものはバッテリーと充電器のみでも買取になることもあります。

クロスバイクなどスポーツタイプの電動自転車にはコアなファンも存在し、不動車でも買取になることもあります。

電動アシスト自転車
モデル名参考買取価格
ビビ・DX(26インチ)6,500円-35,000円
子供乗せタイプ:ギュット・アニーズDX11,000円-45,000円
三輪タイプ:ビビライフ15,000円-65,000円
ティモ・S10,000円-45,000円
スポーツタイプ:EZ(イーゼット)20,000円-55,000円
スポーツタイプ:ジェッター22,000円-76,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

ブリヂストンの電動自転車は、公共の自転車シェアリングでも多く採用されていて、安定した乗り心地やアシスト力は高く評価されています。

バッテリー容量の大きなモデルや機能性の高いモデルは、買取において非常に人気となっています。

電動アシスト自転車
シリーズ名/モデル名参考買取価格
アシスタU6,500円-24,000円
ラクット20/2422,000円-41,000円
三輪タイプ:ラクットワゴン31,000円-64,000円
ハイディ ツー(HYDEEⅡ)7,000円-30,000円
リアルストリーム11,000円-48,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

お手持ちの自転車の買取価格が気になる方は
アシスト バナーこちらをクリック!

その他のメーカー

電動アシスト自転車 Extreme Bike baron

近年ではクロスバイクやロードバイクで有名なメーカーからも電動自転車が発売されています。
長距離でも快適に、そして速く走ることに特化した高級な電動クロスバイクです。

また電気で走るe-bikeも中古市場が形成されつつあります。

電動アシスト自転車
モデル名参考買取価格
ルイガノ eバイク12,000円-55,000円
ジャイアント RX-E75,000円-140,000円
BESV JR160,000円-122,000円
トレック VERVE50,000円-118,000円

※ 買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

リサイクルショップで中古の電動自転車がどのくらいの価格で取引されているかは、
電動アシスト自転車 買取価格」にて買取実績をご覧いただけます。

電動自転車を高く買取してもらう3つのポイント

見た目はキレイにしておく

リサイクルショップの査定では見た目も査定ポイントの1つです。
特にタイヤの空気抜けや、グリップやサドル、ホイールの汚れは査定に影響します。
日頃のメンテナンスと査定前には簡単な清掃をしておくのがおすすめです。

  • 自分で落とせる汚れは落としておく
  • 日頃から小まめにメンテナンスしておく

アクティブに扱うものであっても買取では見た目も重要視されます。少しでも状態が良く見えるように整えておくと査定では好印象です。

付属品は揃えておこう

電動自転車は意外と付属品が多いので、事前に揃えておくようにしましょう。

  • カギ、スペアキー
  • 充電器
  • 予備バッテリー
  • 取扱い説明書など

以上のようなものは査定価格にも影響しますので、あれば必ず揃えて依頼するようにしましょう。

走行チェックできる状態に整えておく

自転車に限らず、現状で使用できるかの確認は査定の基本です。

  • タイヤの空気は入れておく
  • バッテリーは充電しておく
  • 屋外に用意しておく

スタッフがその場ですぐに走行チェックできるような状態になっていると、査定もスムーズです。
しばらく放置していたのであれば、普段乗っていた状態くらいに戻しておくと良いでしょう。

お手持ちの自転車の買取価格が気になる方は
アシスト バナーこちらをクリック!

買取してもらえなかった時は?


「残念だけど買取にならなかった。」
「買取してもらえなかったら捨てるしかないのかな?」

ここでは買取以外の電動自転車の手放し方についてご紹介していきます。

リサイクルショップで引取してもらえるケース

リサイクルショップでは電動自転車を無料で引取してもらえるケースがあります。
日本の自転車は国外でも人気が高く海外輸出向けの商品として引取することができるからです。

「捨てるのはもったいないし無料でも引取してもらえるなら」
そういった気持ちであれば、最寄りのリサイクルショップに相談してみましょう。

フリマアプリなどを活用する

メルカリや、ジモティーなどの個人間取引サイトを利用して次の方に譲る方法です。

買取店で取り扱えなくても個人売買であれば欲しいという方が見つかるかもしれません。

ただし以下の点には注意が必要です。

個人売買を利用するときの注意事項

  • 出品や商品引き渡しなどの手間がかかる
  • モデルによっては売れない可能性もある
  • トラブルは基本的に自己責任

時間や手間を惜しまなければ、自分で売ってみるのも1つの手段です。
ある程度の責任を伴いますので、その分高く売れることもあります。
一度チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

まとめ

電動自転車は買取や引取ができない場合が少ない製品です。
処分に悩んだら、まずメーカーとモデルをチェックして査定に出してみましょう。

総合リサイクルのアシストでは『電動アシスト自転車の買取』を行っております。
※自転車買取のご案内はこちら ⇒自転車の買取・査定

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』をお気軽にご利用ください。
ぜひ自分の納得できる手放し方を選んでみて下さい。