「しばらく乗らずに放置したままの折りたたみ自転車。もう乗ることもなさそうだし、ちょっと古いけど売れないかな?」

そんな不要になった折りたたみ自転車でお悩みの方はいませんか?

こんにちは!リユース業界歴11年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田駒田

どんな折りたたみ自転車が売れるかチェック!

長く愛用していた折りたたみ自転車。まだ乗れるのに捨ててしまうにも心が痛みますよね。
まずお伝えしたいのは、古いモデルでも折りたたみ自転車は買取してもらえるモデルが数多くあるという事。

今回は買取が期待できる折りたたみ自転車について、人気メーカーや査定時に気をつけたいポイントなどご紹介していきます。

買取が期待できる折りたたみ自転車の人気メーカー5選

折りたたみ自転車の買取で最初のポイントとなるのが【メーカーとモデル】です。

ここでは人気メーカーの一部を買取相場(2021年12月現在)と合わせてご紹介していきます。

ダホン(DAHON)

ダホン dahon 折りたたみ自転車 グリーン vybe D7

「ダホン」は世界的に有名なアメリカの折りたたみ自転車メーカーです。
現在に至るまで100以上のモデルをリリースしており、名作も多く中古市場でも人気となっています。

最新はもちろん、古いモデルでも十分に買取が期待できます。

ダホン(DAHON)
モデル名参考買取価格
K3/14インチ18,000円-36,000円
Speed P8/20インチ4,000円-21,000円
Helios/20インチ2,000円-16,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

ターン(Tern)

TERN フォールディングバイク

「Tern」は2011年に立ち上げられた比較的新しいバイクブランドです。
都市部での使用に優れた折りたたみ自転車は、スタイリッシュな都会的デザインで人気となっています。

電動アシスト搭載のe-bikeは、高価買取が期待できるモデルとなっています。

ターン(Tern)
モデル名参考買取価格
verge n811,000円-36,000円
Link C88,000円-27,000円
Eclipse X2031,000円-75,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

ライズ&ミューラー(R&M)

現状車 ライズ&ミュラー 折りたたみ自転車 BD-1

「R&M」はドイツの折りたたみ自転車メーカーで、直線的なアルミフレームと18インチホイールが特徴です。
一目で分かる独特のスタイルは、中古市場でも大人気となっています。

「BD-1」は古くても買取が期待できる代表的な折りたたみ自転車といえるでしょう。

ライズ&ミューラー(R&M)
モデル名参考買取価格
BD-1(Birdy)12,000円-45,000円
BD-Frog75,000円-110,000円

※記載している買取相場は、お品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

ブロンプトン(BROMPTON)

BROMPTON/ブロンプトン 折りたたみ自転車 REGULAR

「ブロンプトン」はイギリスの折りたたみ自転車専業メーカーで、世界中に愛好家がいる程の人気メーカーです。
気品あふれる装いは、英国紳士・淑女憧れのフォールディングバイクと言われています。

高価なモデルが多く、多少の不具合があっても買取は間違いなしです。

ブロンプトン(BROMPTON)
モデル名参考買取価格
S6L/16インチ50,000円-125,000円
S2L35,000円-125,000円
M3R33,000円-80,000円

※記載している買取相場は、お品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

ルノー(RENAULT BIKES)

ルノー 折りたたみ自転車 ウルトラライト7

「ルノー」といえばフランスの自動車メーカーですが、オシャレな自転車ブランドとしても人気です。
軽さを重視したモデルも多く、手軽に持ち運びできるため中古市場での需要が高まっています。

オシャレな折りたたみ自転車は男女問わず人気が高く、どのモデルも買取が期待できます。

ルノー(RENAULT BIKES)
メーカー/モデル名参考買取価格
ウルトラライト78,000円-25,000円
プラチナライト610,000円-27,000円
カーボン835,000円-60,000円

※記載している買取相場は、お品物の状態・買取方法などにより変動いたします。目安としてご参照ください。

実際の買取価格について詳しくは
折りたたみ自転車 買取価格」にてご覧いただけます。

折りたたみ自転車を高く買取してもらうためのポイント

見た目はキレイにしておく

リサイクルショップの査定では見た目も査定ポイントの1つです。
特にタイヤの空気抜けや、グリップやサドル、ホイールの汚れは査定に影響します。
日頃のメンテナンスと査定前には簡単な清掃をしておくのがおすすめです。

  • 自分で落とせる汚れは落としておく
  • 日頃から小まめにメンテナンスしておく

アクティブに扱うものであっても買取では見た目も重要視されます。少しでも状態が良く見えるように整えておくと査定では好印象です。

走行チェックできる状態に整えておく

自転車に限らず、現状で使用できるかの確認は査定の基本です。

  • タイヤの空気は入れておく
  • ブレーキやチェーンを調整する
  • 屋外に用意しておく

スタッフがその場ですぐに走行チェックできるような状態になっていると、査定もスムーズです。
しばらく放置していたのであれば、普段乗っていた状態くらいに戻しておくと良いでしょう。

不要になったら早めに売却しよう

早めの売却は高く売るための一つのポイントです。それは以下のような理由があるからです。

  • 放っておくとモデルが古くなる
  • 保管状況によって劣化する
  • 使わないものにスペースを取られている

自転車は経年劣化する部品も多い為、時間の経過とともに査定額も下がってしまいます。
放置したまま価値が下がる前に手放すほうが良いでしょう。

買取してもらえなかった時は?

「残念だけど買取にならなかった。」
「買取してもらえなかったら捨てるしかないのかな?」

ここでは買取以外の折りたたみ自転車の手放し方についてご紹介していきます。

リサイクルショップで引取してもらえるケース

リサイクルショップでは買取にならない折りたたみ自転車でも、無料引取しているお店もあります。
国内で再販が難しいモデルでも、海外リユース用の格安商品として取り扱いすることができるからです。

「ずっと大切に使っていたものなので、捨てたくない」
そんな思い入れのある折りたたみ自転車があれば、最寄りのリサイクルショップに相談してみましょう。

フリマアプリなどを活用する

メルカリやジモティーなどの個人間取引サイトを利用して次の方に譲る方法です。

買取店で取り扱えなくても個人売買であれば欲しいという方が見つかるかもしれません。

ただし以下の点には注意が必要です。

個人売買を利用するときの注意事項

  • 出品や商品発送などの手間がかかる
  • モデルによっては売れない可能性もある
  • トラブルは基本的に自己責任

時間や手間を惜しまなければ、自分で売ってみるのも1つの手段です。
ある程度の責任を伴いますので、その分高く売れることもあります。
一度チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

まとめ

人気の折りたたみ自転車は家電などと違い、買取や引取ができない場合が少ない製品です。
数年前のモデルでも買取の可能性が十分にあるので、メーカーとモデルをチェックしてショップに問い合わせてみましょう。

総合リサイクルのアシストでは『折りたたみ自転車の買取』を行っております。
※自転車買取のご案内はこちら ⇒自転車の買取・査定

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』
遠方にお住まいのかたは、全国どこからでも買取OK『宅配買取』をお気軽にご利用ください。