「iPhone11の下取り価格はいくらだろう?」
「キャリアでやっぱり違うのかな?」

今回はそんなiPhone11の下取りで気になる各キャリアの下取りについて記事を書きました。

こんにちは!リユース業界歴10年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田

駒田

各社のiPhone11の下取り価格をチェック!

iPhone11の発売は2019年の9月、そろそろ買い替えを考える方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、各キャリアの『iPhone11の下取り価格』について比較検証してみました!

まず結果からお伝えすると、最も下取り価格が良いのは【楽天モバイル】ということが分かりました。

iPhoneの下取りについては各キャリアのサービスによってポイント還元であったりするので、上記の結論を踏まえて、もう詳しく解説していきます。

下取りチェッカー バナー(新ロゴ)
下取りチェッカーを使えば、誰でもかんたんに下取り価格が調べられる新しい下取りサービスです。只今、家電専門店ノジマ全店(新潟エリア除く)と連携中!(下取りチェッカー公式サイト)
友だち追加

【各キャリア】iPhone11の下取り価格

ここでは各キャリアでおこなっているiPhone11の下取りについて表にまとめてみました。

iPhone11下取り比較表
キャリア iPhone11 64GB iPhone11 128GB iPhone11 256GB
ドコモ:機種変更 状態良好 22,600円/画面割れ 6,800円 状態良好 26,400円/画面割れ 7,900円 状態良好 32,800円/画面割れ 9,800円
ドコモ:乗り換え 状態良好 30,000円/画面割れ 9,000円 状態良好 30,000円/画面割れ 9,000円 状態良好 30,800円/画面割れ 9,200円
AU(エーユー) 状態良好 24,200円/画面割れ 7,150円 状態良好 26,950円/画面割れ 7,700円 状態良好 30,800円/画面割れ 8,800円
SOFTBANK(ソフトバンク) 状態良好 28,800円/画面割れ 8,640円 状態良好 28,800円/画面割れ 8,640円 状態良好 28,800円/画面割れ 8,640円
楽天モバイル 状態良好 30,100円/画面割れ 9,030円 状態良好 30,100円/画面割れ 9,030円 状態良好 33,800円/画面割れ 10,140円

※2021.10月時点当社調べとなります。実際の下取り価格と異なることもあります。
※各社規定の下取り基準があります。

上記の表のように各キャリアのなかで下取り価格が高いのはdocomoとAUとなっていました。

ここからは各社の下取りについて、もう少し詳しく解説していきます。

docomo(ドコモ)

ドコモでは「機種変更」や「乗り換え」の際に全機種が下取りの対象となっており、公式HPで下取り価格がチェックできます。

iPhone11の下取り

  • 各キャリア全てのiPhone11が下取り対象
  • 64GB,128GBからの乗り換えは下取り金額が高い
  • dポイントか購入金額の割引となる

ドコモでは、iPhone11からの乗り換えに力を入れているのが下取り価格から伺えます。

下取り金額はそのまま購入代金の割引に充てられますが、dポイントとして受け取ることも可能なようです。
但し、下取り条件として【dポイントクラブに加入していること】となっているので、注意が必要です。

AU(エーユー)

AUでは「機種変更」や「乗り換え」の際に、3カ月以上利用していれば下取り対象となります。

iPhone11の下取り

  • 各キャリア全てのiPhone11が下取り対象
  • 起動しない、水濡れは下取り対象外
  • Pontaポイントでの還元のみ

「機種変更」と「乗り換え」で下取り価格には特に差は設けられていません。

注意点として起動しないiPhoneや水濡れ反応があった場合は下取り対象外となるようです。
また下取り金額はPontaポイントでの還元となるので注意が必要です。

SOFTBANK(ソフトバンク)

ソフトバンクでは指定機種を購入した場合【PayPayボーナスか購入代金の値引き】という形で下取りしてもらえます。
指定機種や下取り価格は公式HPにてチェックできます。

iPhone11の下取り

  • 各キャリア全てのiPhone11が下取り対象
  • 下取り特典はPayPayボーナスか購入代金の値引き
  • 電源が入らない、初期化されていない場合は下取り対象外

下取り金額は「購入代金の値引き」よりも「PayPayボーナス」のほうが1,000円強高くなっています。<表では値引額を適用しています>

ソフトバンクの下取りは購入機種が指定されているので、まず自分の検討している機種が対象になっているか確認が必要です。
また外観が破損していた場合、画面割れが無くても下取り金額が下がる可能性があるのも注意。

楽天モバイル

楽天モバイルでは「機種変更」や「乗り換え」の際に全機種が下取りの対象となっており、公式HPで下取り価格が確認できます。
但し、事前に楽天会員としてIDを保有していることが条件となっています。

iPhone11の下取り

  • 全てのモデルで最も下取り金額が高い
  • 下取り金額は楽天キャッシュでの支払い
  • 下取りは郵送受付のみ

iPhone11の下取り価格は、どのモデルでも楽天モバイルが最も高くなっています。

但し、楽天モバイルでは、店舗での下取りサービスは行っておらず【郵送のみ】の受付となっています。
査定には製品到着から7日程度かかり、キャンセルしたい場合には無料で返送してもらえます。

査定の基準や下取り価格は公式HPに載っているので、申し込みの前に一読しておくと良いでしょう。

その他のiPhone 下取り情報

iPhoneの下取り・買取・処分のちがい

豚の置物4つ
最後にiPhoneの下取りと買取、また処分、その違いについて触れておきます。

iPhone下取りの基礎知識

「下取り」とは買い替え、つまり新品商品を購入する際に、使用していた機種を引取ってもらえるサービスです。

下取りは大きく分けると、

  • 買取してもらえる場合
  • 無料引取してもらえる場合
  • 有料(処分費用として)で引取してもらえる場合

の3つのパターンに分かれます。

iPhone11の下取りに関しては先のとおり、買取となることがほとんどです。
有料で処分というのは大型家電などの場合にあることで、小型のデジタル家電ではあまり見かけることはないでしょう。

各キャリアの下取りは【楽天モバイル】が高くなっていますが、販売店によってキャンペーンで新機種自体が安くなることもあります。
まずは実際にいくらになるのか、購入予定の品物と総合的に判断すると良いでしょう。

iPhoneの買取

各キャリアに限らず、家電量販店やリサイクルショップでもiPhoneの買取は行っています。
中古デジタル機器は、今最も注目されている市場でもあるため、買取に力を入れているショップも少なくありません。
下取りと比較しても遜色のない買取サービスも多いので、合わせて検討してみましょう。

まとめ

今回はiPhone11の下取りについて、大手キャリア4社の違いを比較してみました。
買い替えの際のご参考なれば幸いです。

総合リサイクルのアシストでは『iPhone11の買取』を行っております。
※買取のご案内はこちら ⇒買取品目

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』をお気軽にご利用ください。

遠方にお住まいのかたは、全国どこからでも買取OK『宅配買取』をお気軽にご利用ください。