「カリモクの食器棚を買取してほしい」
「カリモクの食器棚の買取相場が知りたい」
この記事はそのような方に向けて書いています。

こんにちは!私は買取実績700件を超える買取ブロガー3年、アシストの川辺です。
今回カリモクの食器棚の買取について探している方が多かったので記事にしました。

アシスト川辺

川辺

引っ越しや買い替えのときにお役立てください!

結論から書くと、カリモク(karimoku)の食器棚(カップボード/キッチンボード/キャビネット)は中古でも売れます。

特に中古でも買取期待値の高いシリーズは次のように挙げられます。

  • コロニアル(Colonial)
  • カリモク60+(ロクマルプラス)
  • ドマーニ(Domani)

逆に次のようなアイテムは買取となると難しくなります。

  • 使用感が強い
  • キズ、汚れなど状態に問題がある

以上について具体的に解説していきます。

買取期待できるカリモクの食器棚とは

ここではカリモク(karimoku)の食器棚(カップボード/キッチンボード/キャビネット)でも特に買取期待できるモデルをご紹介していきます。

コロニアル(Colonial)

カリモク 食器棚 カップボード コロニアル

コロニアル(Colonial)食器棚 カップボード

買取相場
2枚扉 1,000円-25,000円
3枚扉 3,000円-30,000円

コロニアル(Colonial)シリーズの食器棚(カップボード)は中古でも人気があります。
ただしこちらはあまりにも状態が悪い、年数が経ってしまっているとなかなか買取額が付かないこともあります。

自分で判断がつかないなと思ったら、詳しくは買取してくれるお店に画像など見てもらうことをおすすめします。

カリモク60+(ロクマルプラス)

カリモク カリモク60+ オープンキャビネット 食器棚

カリモク60+ オープンキャビネット

買取相場
6,000円-20,000円

カリモク60+(ロクマルプラス)のオープンキャビネットは中古市場でも人気のアイテムです。
このほかにもカリモク60+ではガラストップキャビネットも中古で需要があります。

ドマーニ(Domani)

カリモク ドマーニ モーガントン 食器棚

ドマーニ モーガントン 食器棚 飾り棚

買取相場
2枚扉 3,000円-25,000円
3枚扉 5,000円-30,000円

カリモクの高級家具シリーズであるドマーニ(Domani)、中でも食器棚(飾り棚)は中古市場で人気があるアイテムです。
こちらのモーガントン(Morganton)を始め、例えばQUEENS LIFE(クイーンズライフ)などのモデルも需要があります。

カリモクの食器棚をより高く買取してもらうために

カリモク(karimoku)の食器棚(カップボード/キッチンボード/キャビネット)を高く買取ってもらうにはどうしたら良いのでしょうか?
ここでは買取依頼する前に見直したいことをご紹介します。

シリーズ、年数の確認をしよう

カリモク 食器棚 ロゴ確認

カリモクの食器棚を買取依頼してもらう際は、ロゴや製品情報が入っていることの確認をおすすめします。

カリモクの食器棚には大体写真のようなロゴや製品情報があります。
そのほか、保証書など用意しておくとシリーズ名の確認などできます。
買取査定の際はシリーズ名の入った製品情報、大体購入されて何年立つのかなど、査定の際に必要な情報となります。

キズ・汚れなど使用感について

キズがついている、汚れがあるなど品物の状態に問題がある場合は、買取価格から減額されることがあります。

例えば自分で落とせるレベルの汚れが付いているなら、買取依頼前になるべくきれいにお掃除されるだけでも買取金額は違ってきます。

特に食器棚の査定時には以下のようなことをチェックされるので注意したいところです。

  • 天板のキズ、日焼け、汚れ
  • 引き出しやドアの開閉動作に問題がないか
  • 家具表面のキズや破損

セットは揃えて買取依頼しよう

例えば次のような場合はセットで買取依頼をするのがおすすめです。

  • 同じシリーズの家具を持っている
  • 購入時の付属品が揃っている

単品の買取依頼ではなく、なるべくセットで買取依頼すると買取金額も高めに見積もってもらえることがあります。
食器棚であれば、付属していたビス・金具などは査定までに忘れずに揃えておくことがおすすめです。

もしカリモクのシリーズを他にも「売りたい」ということでしたら以下のリンクでも相場や売れる条件をご紹介しています。

ソファの買取については

ダイニングセットの買取については

にてご紹介していますので、ご参考にしてください。

カリモクの食器棚を売る手段について

カリモク 食器棚

ここではカリモクの食器棚(カップボード/キッチンボード/キャビネット)をどのように売る方法があるのか、その手段と特徴についてご紹介していきます。

リサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップに買取してもらうには主に2つ方法が該当します。

  • リサイクルショップが行う出張買取サービス
  • リサイクルショップ店頭での買取

リサイクルショップに買取してもらうと次のようなメリットがあります。

リサイクルショップに買取してもらうメリット
  • 大型の家具を自宅まで取りに来てもらえるのでラク(出張買取)
  • 他に買取希望のものがあれば一緒に査定もお願いできる(店頭買取・出張買取)

また注意点としては

リサイクルショップに買取してもらう際の注意点
  • 品物の状態が悪いと引取してもらえないことがある
  • 売りたい品物の査定額が安いと出張買取サービスを断られることがある

家具の買取をおこなっているリサイクルショップは、出張買取サービスをおこなっていることがあります。

その場合は家具のシリーズ名や刻印があること、また状態の確認で、事前に品物の写真を撮ってお店に送ることがおすすめです。
当日、引取のトラブルは起こりにくくなります。

フリマアプリで売る

メルカリジモティなどフリマアプリでカリモクの食器棚を売る手段が該当します。

カリモクの食器棚をフリマアプリで売るメリットとしては

フリマアプリで売るメリット
  • 自分の言い値を設定できるため、リサイクルショップよりも高く売れること

またデメリットとしては

フリマアプリで売るデメリット
  • 配送の手間がかかる

ということが挙げられます。

まとめ

カリモク(karimoku)の食器棚(カップボード/キッチンボード/キャビネット)を買取に依頼する際には

などのシリーズ製品が中古市場でも人気があることをご紹介してきました。

買取の際はシリーズ名の確認をすること、キズ・汚れ・使用感など品物の状態に特に注意することがおすすめです。

カリモクの食器棚はおしゃれで使いやすいデザイン性から、中古市場でも需要があるジャンルです。
売りたい品物の状態を整えて自分の納得できる売る方法を見つけてみてください。

アシスト川辺

川辺

この記事が良かったらぜひシェアしてくださいね