「引越を機にいろいろ手放そうと思ってるけど、リサイクルショップとメルカリどっちで売ろうかな?」

そんな売り先の選択肢にお悩みの方はいませんか?

こんにちは!リユース業界歴11年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田駒田

メルカリとリサイクルショップを比較チェック!

一昔前はモノを売ると言えば「リサイクルショップ」でしたが、今やネットで個人売買をする人も少なくありません。
もちろんどちらにもメリットやデメリットがあるのですが、どっちを選べばいいかな?と悩んでしまう人もいると思います。

そこで今回は代表的なフリマアプリ「メルカリ」と「リサイクルショップの買取」、どっちで売ればいいか?双方のメリットやデメリットを検証してみます。

【アイテム別】メルカリ・リサイクルショップ比較

リサイクルショップとメルカリ、どっちが良いか?という疑問にお答えするには、まず何を売るかよって変わってきます。

ここでは単純な金額面だけでなく、総合的に判断できるよう【アイテム別】にお互いのメリットやデメリットを見ていきましょう。

生活家電(洗濯機・冷蔵庫など)

脱衣所 洗濯機

洗濯機や冷蔵庫、電子レンジといった「生活家電」は比較的大型のものが多いのが特徴です。
処分となれば費用が掛かるものも多いので、売りたいと思う人も少なくないでしょう。

メルカリで売る

メルカリで売るメリットは何よりも「自分で金額が決められる」という点です。その為、基本的にはリサイクルショップよりも高い金額で売れます。
ただし大きいものは送料が高額なので、過去の売れている金額には送料が含まれていることも念頭に入れておきましょう。

逆にデメリットといえば「手間と時間」になります。大型家電は移動も容易ではないので「上手に写真が撮れなかったり」売却後に「背面のキズや汚れに気付いて慌ててしまう」なんてことも。
購入者から「思ってたのと違う」なんて言われてしまうような「個人間売買」だからこそ起こりうるトラブルには配慮が必要となります。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップで売るメリットは「手間が少ない」という点です。特に大型の家電となれば、ちょっと移動させるのも一苦労です。
ただし「出張買取」には【製品が買取対象であるか?】や【出張エリア】といった条件もあることも知っておきましょう。

デメリットとしては【メルカリで自分で売るよりも買取金額は低い】可能性が高いという点です。
リサイクルショップの買取では「人件費」や「運搬費」「再販」にかかるコストが買取価格に影響します。
その為、個人間売買に比べると売値は低くなります。

ファッション(洋服・靴など)

洋服とカバン

洋服やカバン、靴などの「ファッションアイテム」は、買い替えなど手放す機会が多いのが特徴です。
メルカリでの売買も多く、個人取引で手放した経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか。

メルカリで売る

メルカリで売れば「自分で金額が決められる」という点はもちろん、「ブランド」にとらわれず売買が可能です。
デザインやサイズで探している人にうまく見つけてもらえれば、ブランド品に限らず売れる可能性が十分にあります。

ただし非常に多くの出品物があるため、金額の設定はシビアかもしれません。
購入希望者の想定している価格から外れてしまっていた場合には、長期間売れないという事も少なくないでしょう。

リサイクルショップで売る

例えば引越しなどで、まとめて売りたい場合にはリサイクルショップの強みが生きてきます。
あまり時間のない状況であれば、リサイクルショップに持ち込むのもアリではないでしょうか。

但し、いわゆるノーブランドのファッションアイテムは取り扱ってくれないショップもあります。
そうした場合、無料での引取や【1kgいくら】といった買取となってしまうことも念頭に入れておきましょう。

家具(ソファ・食器棚など)

ダイニングテーブルセット

家具も生活家電と同じく比較的大型のものが多いのが特徴です。
処分には費用が掛かるものが多く、引越しや買い替えで困るアイテムの筆頭といえます。

メルカリで売る

メルカリで家具を売るという人は少ないかもしれません。
ですが、高価格帯アイテムの多い家具は中古で探している人もいるため、「時間」と「手間」をかけることで【高値で売れることもある】でしょう。

デメリットである「手間と時間」が、どの程度まで自分が許容できるかがポイントになります。
メルカリ上級者や自分でやるのが好きな人は、一度チャレンジするのも面白いのではないでしょうか。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップに家具を売ろうと考えた場合、前提として「出張買取」をイメージすると思います。
メリットとしては大型の家電と同じく「全てプロにお任せ!」で完結できる点です。

ですが「大型家具」は運搬に非常にコストが掛かるため、リサイクルショップの買取条件もシビアになります。
「格安家具」や「状態の悪い家具」においては、買取金額を上回る費用が掛かる可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。

本・CD・Blu-ray

本とCD

「ファッション」と並んで個人売買が多いのが「本」や「CD」といったメディア類です。
最も取り扱いやすく「メルカリ」の入門アイテムとも呼べるのではないでしょうか。

メルカリで売る

メルカリでは、本やCDにあるバーコードを読み込むことで、とても簡単に出品することができます。
ほとんど手間もかからず「リサイクルショップ」より高く売れるので、活用している方も多いでしょう。

ですが、数年前のタイトルやマイナージャンルとなると、売れるまでに時間が掛かることもあります。
また「梱包」や「発送」は避けられないので、数百円に時間を取られるのが嫌という方もいるかも知れません。 

リサイクルショップで売る

まとめて売りたい、売れなくても引き取ってほしいといった場合にはリサイクルショップでしょう。
買取金額よりも片づけたいを優先している人には、有用な手段としてオススメです。

ですが単品の買取価格は、一般的に【数十円~数百円】程度と決して高くはありません。
まだ発売から間もないようなタイトルにおいては、メルカリとの金額差が大きい事を理解しておきましょう。

AV機器(スピーカー・コンポなど)

オーディオ機器

AV機器は大きな物から小さなものまで様々で、アイテムによって価格帯も異なります。
古くなってもプレミアムな価値があるものも多く、やや専門的な分野ともいえるでしょう。

メルカリで売る

「イヤホン」や「ポータブルプレーヤー」など小さい機器は、メルカリで多く売買されています。
梱包や発送が手軽で、売れる金額も自分で設定できるためメリットを得やすいアイテムと言えます。

ただし精密機器は故障する可能性もあるため、個人間ならではのトラブルが起きることもあります。
出品時には「動作の確認」や現状を文章でしっかり伝えることを忘れないようにしましょう。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップで売るメリットは「スピーカー」や「レコードプレーヤー」など大型で重たい機器も「全てプロにお任せ!」で完結できる点です。
また物量が多い場合でも「一気に片付く」という時短的なメリットもあります。

ですが、AV機器はショップによって査定金額に差が出やすいアイテムでもあります。
事前に大まかな査定をして貰えるところや信頼できるお店を選ぶようにしましょう。

メルカリで売るメリット・デメリット

メルカリで売る最大のメリットは【自分で金額を決められる】点にあります。逆にデメリットをいえば【手間と時間がかかる】ことです。

小さくて簡単に出品や発送ができるアイテムは【メルカリ向き】

時間や手間が掛かりそうなものや、トラブルになりそうなものを避けることでデメリットを小さくすることが【メルカリの上手な活用方法】ではないでしょうか。

リサイクルショップで売るメリット・デメリット

リサイクルショップで売るメリットは【手間や時間が少ない】点にあります。逆にデメリットをいえば【買取金額は自分で決められない】ことです。

サイズの大きいものや物量が多い場合は【リサイクルショップ】に任せると早い

お引越しや実家の片付け、コレクション整理などといった色々と時間や手間が掛かりそうな場合【リサイクルショップに一括でお願いする】ことで短時間で終わらせることができます。

まとめ

メルカリとリサイクルショップの比較は【お金と時間の天秤】といえます。
自分の中で時間と金額を照らし合わせて【今はどっちを選ぶのが良いか】を判断すると、納得できる売り方が選べると思います。
物を手放す際には、ぜひ双方を上手に活用してみて下さい。

総合リサイクルのアシストは、業界最多水準の買取品目で『まとめて売れる』を実現しています。
※買取のご案内はこちら ⇒初めての方へ

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』をお気軽にご利用ください。
遠方にお住まいのかたは、全国どこからでも買取OK『宅配買取』をお気軽にご利用ください。