「物置にしばらく使っていないゴムボートがある。」
「最近釣りにもいかなくなったし、売れないかな?」

そんな使わなくなったゴムボートでお悩みの方はいませんか?

こんにちは!リユース業界歴10年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田駒田

ゴムボートは中古でも人気です!

近年、都心部でのレジャーに規制がかかることで、アウトドアに人気が集まっているのをご存じでしょうか?

もしお手元に使っていないゴムボートがあるとすれば、古いモデルでも売れる可能性は十分にあります。
今回は買取が期待できるゴムボートの一例や高く売るポイントをご紹介していきます。

まず、買取してもらえるものとしては

  • 大きな破れや穴などがないもの
  • 2人乗り以上のサイズ
  • 耐久性の高い釣り用モデル

この条件に当てはまるゴムボートは買取してもらえる可能性があります。
では、もう少し具体的に解説していきましょう。

ゴムボートいくらで買取?人気モデルをご紹介

買取で最初に気になるのは、やはり金額ではないでしょうか?
ここでは人気モデルを一例にして買取相場(2021年3月現在)をご紹介していきます。

JOYCRAFT(ジョイクラフト)

ボートメーカー「ジョイクラフト」のゴムボートは、どのモデルも中古市場で人気があります。

特に人気が高いのはJESシリーズやJEXシリーズですが、どのモデルも買取の可能性を秘めています。

JOYCRAFT(ジョイクラフト)
モデル名 参考買取価格
JEX-315 33,000円-60,000円
JES-336 25,000円-50,000円
パプリカ 303 22,000円-50,000円
オレンジペコ 300 16,000円-44,000円

※買取相場は品物の状態・買取方法などにより変動します。目安としてご参照ください。

Achilles(アキレス)

アキレス ゴムボート

創業50年以上の歴史があるボートメーカー「アキレス」のゴムボートは中古市場でも人気があります。

パワーボートはもちろん、手漕ぎのローボートでもモデルと状態によって買取になります。

Achilles(アキレス)
モデル名 参考買取価格
LF-295 27,000円-61,000円
JES-336 25,000円-50,000円
パプリカ 303 22,000円-50,000円
オレンジペコ 300 16,000円-44,000円

※買取相場は品物の状態・買取方法などにより変動します。目安としてご参照ください。

Aqua Marina(アクアマリーナ)

ボートメーカー「アクアマリーナ Aqua Marina」のゴムボートは中古市場でも人気があります!
フィッシング用の定番クラシックシリーズは中古でも需要があるモデルです。

Aqua Marina(アクアマリーナ)
モデル名 参考買取価格
デラックス 250 33,000円-65,000円
デラックス 300 60,000円-130,000円
クラシック 300 3,000円-12,000円
モーション 225 1,000円-10,000円

ゴムボートを高く買取してもらうためのポイント

きれいな状態で査定してもらう

まず見た目の印象は大切です。きれいな方が買取価格は高くなります。
しばらく放置していた場合、砂で汚れていたりホコリをかぶっていることがあります。
事前に清掃しておくと査定スタッフにも好印象です。

付属品は揃えておく

ゴムボートにはいくつも付属品があります。
本体単品よりも査定額が上がりますので、忘れずに用意しておきましょう。

  • オール
  • 救命胴衣
  • 電動ポンプ
  • イカリ/ロープ

上記のようなセット品があればしっかりアピールしましょう。

エレキや釣り具などセットで依頼する

リサイクルショップの査定では依頼点数は多いほど有利です。
まとめて依頼することでコストが下がるので、その分を買取金額に乗せやすくなるからです。

  • 船外機
  • エレキ フット/ハンド
  • 釣り竿やリール
  • 魚群探知機/ソナー

もし上記のような品も一緒に手放すことを検討しているなら、合わせて依頼するとプラスアルファの金額が期待できるでしょう。

不要になったら早めに売却しよう

早めの売却は高く売るための一つのポイントです。それは以下のような理由があるからです。

  • 放っておくとモデルが古くなる
  • 保管状況によって劣化していく
  • 使わないものにスペースを取られている

経年により劣化したり型落ちとなると査定額も下がってしまいます。
放置したまま価値が下がる前に手放すほうが良いでしょう。

ゴムボートを買取してもらえなかった時は?

「残念だけど買取にならなかった。」
「買取してもらえなかったら捨てるしかないのかな?」

ここでは買取以外のゴムボートの手放し方についてご紹介していきます。

リサイクルショップで引取してもらえるケース

買取には至らないものでも、リサイクルショップではゴムボートを店頭で無料引取していることが多いです。
それは、どんなモデルでも海外リユース品としても価値があるためです。
古かったり多少の損傷程度なら、一度最寄りのリサイクルショップに相談してみましょう。

フリマアプリなどを活用する

メルカリや、ジモティーなどの個人間取引サイトを利用して次の方に譲る方法です。

買取店で取り扱えなくても個人売買であれば欲しいという方が見つかるかもしれません。

ただし以下の点には注意が必要です。

個人売買を利用するときの注意事項

  • 出品や商品発送などの手間がかかる
  • モデルによっては売れない可能性もある
  • トラブルは基本的に自己責任

時間や手間を惜しまなければ、自分で売ってみるのも1つの手段です。
ある程度の責任を伴いますので、その分高く売れることもあります。
一度チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

まとめ

ゴムボートは家電や家具と違い、買取や引取ができない場合が少ないアイテムです。
処分に悩んだら、まずメーカーをチェックして査定に出してみましょう。

総合リサイクルのアシストでは『ゴムボートの買取』を行っております。
※アウトドア用品買取のご案内はこちら ⇒アウトドア用品の買取・査定

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』をお気軽にご利用ください。