「購入したときに高額だった炊飯器って中古でも買取してもらえるの?」
「5年以上使った炊飯器は捨てるしか方法がない?」
この記事はそのような方に向けて書いています。

こんにちは!私は買取実績700件を超える買取ブロガー3年、アシストの川辺です。
今回は中古の炊飯器の買取について探している方が多かったので記事にしました。

アシスト川辺

川辺

そろそろ炊飯器を手放そうか迷った際にお役立てください!

結論から書くと、中古の炊飯器でも一定の条件

  • 年式5年以内のモデル
  • スチーム・IH機能など機能が充実しているモデル
  • 動作に問題ない
  • 東芝、象印、三菱など国内主要家電メーカー製品であること

をクリアしていれば買取してもらえるものはあります。

一方で次のような条件だと買取は難しいでしょう。

  • 年式が5年以上のモデル
  • 動作、状態に問題がある
  • ニトリ、アイリスオーヤマなど安価な家電メーカー製品

以上について具体的に解説していきます。

買取できる炊飯器の条件とは

ここでは中古の状態でもリサイクルショップにて買取を行っている炊飯器について、具体的に見ていきます。

日立IHジャー炊飯器

機能やサイズ

炊飯器に搭載された機能やサイズによって買取相場は変わってきます。

ここでは炊飯器のサイズ別で相場観を取り上げます。

  • 3合炊き  0円-15,000円
  • 5.5合炊き 500円-30,000円

特に中古の3合炊きモデルについて、購入した際の金額が1万円以下など安価だったモデルは、基本的に買取が難しくなります。

しかし3合炊きでもスチーム・IH搭載などより機能が充実したモデルですと買取の期待はできます。

ファミリーサイズである5.5合炊き~10合炊きの炊飯器のほうが買取の期待値はアップします。

メーカー

中古の炊飯器が売れるかどうかというのはメーカーによっても左右されます。

買取期待できるのは以下のメーカーのモデルになります。

高額買取期待できるメーカー
  • 象印
  • タイガー
  • 三洋電機
  • 東芝
  • 三菱

このようにいわゆる国内主要メーカーの炊飯器ですと中古の状態でも買取期待値は高まります。

ちなみにアイリスオーヤマ、山善、ツインバードなどのメーカーについては、元の販売額がそもそも安価であることから、動作など問題なくても無料引取になるケースがほとんどです。

年式

中古の炊飯器でも買取してもらえるとなるとそのモデルの年式にも左右されます。

  • 5年未満を目安に

大体5年未満のモデルですと買取の期待値は高まります。

炊飯器に限らず家電製品をリサイクルショップで買取してもらうとなると、
査定ポイントは5年が目安になることがほとんどです。

加えてキッチン用品であることから、

食品を調理するものなので、汚れやすく劣化しやすいということ。
新しいモデルが比較的頻繁に発売されやすいジャンルである。

などの理由から、買取を期待するなら炊飯器の年式は5年目途に見直しが大事となります。

状態

中古の炊飯器を買取してもらうためには次のようなことをリサイクルショップでは主に査定します。

  • 動作に問題ない
  • 使用感

電源が入らないなど動作に問題があるとリサイクルショップで買取してもらうことがそもそも不可能になることも。

買取希望の炊飯器については、まず動作の確認を行うことがポイントとなります。

また使用感について、あまりにも汚れの付着が目立つ状態よりは、掃除されている綺麗な状態だと買取も期待できるものとなります。

特に人気のモデルとは

特に中古でも人気のモデルとは次のように挙げられます。

▼中古でも人気の炊飯器モデルをピックアップ!
シリーズ名 モデル例 買取価格の相場
三洋電機 おどり炊きシリーズ 5.5合 ECJ-XP2000 1,000円-35,000円
東芝 真空圧力シリーズ 5.5合 RC-10ZPH 1,000円-28,000円
象印 極め炊きシリーズ 5.5合 NP-SS10 0円-15,000円
パナソニック スチームIHジャー炊飯器 10合 SR-SW185 0円-5,000円
三菱 炭炊釜 5.5合 NJ-XSB10J 0円-5,000円

価格の差がけっこうありますが、これは年数や使用感によっての変動がほとんどです。
なるべく高く売るためにはぜひ次の章でご紹介することを参考にしてください。

より高く買い取ってもらうために気を付けること

中古でも買取可能な炊飯器をもっと買取期待値アップさせるためにはどうしたら良いのでしょうか?

ここでは買取依頼する前に見直したいことをご紹介します。

メーカー、モデル、年式の確認をしよう

炊飯器の型番

リサイクルショップに炊飯器の買取を依頼する際はモデル(型番)・メーカー・購入された時期など情報を確認できるとベストです。
型番や年式については例えば画像のように記載があります。

動作に問題ない

買取依頼する前に、やはり動作に問題がないかどうかしっかりと確認することが大事となります。

  • コンセント部分に異常がない
  • ボタンはしっかり押せる状態
  • 温め機能に異常がないか

など実際に使っていて問題がなかったかを今一度確認してみることをおすすめします。

汚れ・シミ・傷など使用感について

買取依頼したい炊飯器には汚れ・キズ・割れなど見られませんか?
汚れなどは自分で清掃できるレベルなら、なるべくキレイにしてから買取依頼に出すことをおすすめします。

注意したい箇所として

  • 一番よく使う部分である「窯」のキズあと
  • 本体表面の汚れ

が見られると買取は厳しくなってしまいますので注意が必要です。

付属品と一緒に買取依頼しよう

炊飯器付属品

炊飯器を購入された時に付属していた外箱・説明書・しゃもじ・計量カップなどは、買取を依頼される際なるべく揃っていると買取期待値もアップします!
逆に、パーツ欠品などがあると減額となってしまう事があるので、予め確認しておきましょう。

「捨てる」しか方法はない?買取できない炊飯器の手放し方

「買取できる炊飯器の条件に、自分が持っている炊飯器はどうやら当てはまらない。」

「まだ使えるものだから捨てるのはもったいない。」

「買取できないなら捨てるしかないのだろうか?」


ここでは買取以外の炊飯器の手放し方についてご紹介していきます。

リサイクルショップで炊飯器を引取できるケース

実は捨てる前にリサイクルショップだと無料引取ができるケースがあります。

炊飯器を引取ってもらうと次のようなメリットがあります。

引取のメリット

  • 手放すのに費用がかからなくて済む
  • まだ使えるものを必要としている人に使ってもらえる

まだ使えるのに捨てるのは正直忍びない炊飯器。
捨てる前に一度立ち止まって、次に使ってくれる人に行きわたる無料引取の手段を考えてみるのもおすすめです。

しかし全部の炊飯器について引取できるのかといえばそうではありません。
リサイクルショップで引取ができる炊飯器は一般的に次のような条件になります。

リサイクルショップで無料引取できる条件

  • 壊れていない、動作に問題がない
  • 年式は5年〜10年以内でも引取可能な場合がある

注意したいのは、お店によって取り扱う年式に制限があったり
品物が壊れていると”引取不可”になる場合もある
ので気をつけたいところです。

自分では判断がつかない場合、リサイクルショップで一度確認してもらうことをおすすめします。

「捨てる」方法

ここまで買取も不可、引取も不可だった炊飯器については、「捨てる」選択をすることになります。

捨て方としてはお住まいの自治体のゴミ回収に出す方法となります。

捨てるときの条件

  • 炊飯器はサイズにより不燃ごみ(無料)または粗大ごみ(有料)として扱われる
  • モデル、古さ、使用状態関係なく捨てられる
  • 料金について詳しくは各自治体のルールをチェックする必要がある

炊飯器は自治体が定める不燃ごみのサイズ(大体直径30センチ以内など制限があります)に収まれば不燃ごみとして無料で捨てられます。

しかし規定のサイズに収まっていない炊飯器ですと「粗大ごみ」として有料で捨てることになります。

※処分方法は各自治体によって異なります。詳しくはお住まいの自治体のルールをご確認ください。

まとめ

中古の炊飯器を買取依頼に出すには
5年以内・機能やサイズによる・国内主要メーカーであること・動作に問題がないこと
など様々な条件をクリアしなくてはならないことが分かりました。

また捨てようとする前に引取ってもらう方法と条件があること、
そして引取も難しい場合に「捨てる」手段を選ぶべきだと分かりました。

いずれの方法を選ぶにしても自分で判断が難しい場合は、
一度最寄りのリサイクルショップに査定依頼してみるとそのヒントがもらえると思います。

ぜひ自分の納得できる手放し方を選びましょう。

アシスト川辺

川辺

この記事が良かったらぜひシェアしてくださいね