「実家の片づけをしていたらローゼンタールの食器が出てきた。」
「古そうだけど中古の食器って売れるのかな?」

そんな古いローゼンタールの食器をどうしようかお悩みの方はいませんか?

こんにちは!リユース業界歴11年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田駒田

売れるローゼンタールの食器をチェック!

引越しや実家の片付けで処分に悩む食器。
結論から言えば、ローゼンタールの食器は買取できるモデルや条件は限られています。

「ローゼンタール」の食器は、シリーズによって一般的な中古食器と同等に扱われてしまうものモデルもあり、中古品では値段がつかないことも少なくありません。

そこで今回は、買取になるローゼンタールの食器や買取してもらう為の条件などについて解説していきます。

買取が期待できるローゼンタールの食器

数あるローゼンタールの食器も、全て買取が期待できるわけではありません。

ここでは中古市場でも需要の高いローゼンタールのを一例に、買取相場と合わせてご紹介していきます。

VERSACE(ヴェルサーチ)コレクション

ローゼンタール ヴェルサーチ プレート
買取相場 :メデューサ(カップ&ソーサーセット)
3,000円-7,500円

イタリアの高級ブランド「ヴェルサーチ」とコラボレーションしたシリーズは、中古市場でも人気があります。

ブランドのシンボルをモチーフにした「メデューサ」を筆頭に、「ビザンチン」「バロッコ」など、どのデザインも買取が期待できます。

モデルや状態によっては1皿で数千円~の値が付く買取価格となっています。

また食器以外にも「花瓶」や「灰皿」といった、生活雑貨も買取対象となっています。

魔笛シリーズ

ローゼンタール 魔笛 ビアマグ

買取相場 :魔笛(ゴールドティーポット)
4,000円-16,000円

モーツァルトの名作オペラ「魔笛」を磁器の上に幻想的に表現した「魔笛」シリーズ。

ローゼンタール「スタジオライン」の中でも、ひときわ人気の高いモデルとなっています。

「ゴールド」と「ホワイト」の2種があり、新品価格の差から「ゴールド」が買取価格は高くなります。

ローゼンタール×ブルガリ

ローゼンタール ブルガリ カップ&ソーサ

買取相場:ドルチデコ(カップ&ソーサ)
1,500円-4,000円

高級ブランド「ブルガリ」とのコラボシリーズは、「ヴェルサーチ」コラボ同様に人気シリーズです。

なかでも「コンチェルト」「ドルチデコ」は、中古品でも買取が期待できるアイテムとなっています。

食器のほか、灰皿、花瓶など雑貨類もリリースされおり、同じく買取対象となっています。

その他

ローゼンタール 食器
買取相場 :ティーセット(ポットあり)5客セット
300円-5,000円

ローゼンタールの食器は、上記で紹介したモデル以外でも買取となることもあります。

ただし未使用品であることや、ある程度ボリュームのあるセット内容が条件となります。

普段使い用のシンプルなデザインのものは中古品だった場合、無料引取してもらえることはあっても、なかなか買取には至らないのが現状です。

※ 「【ブランド食器 買取】中古も売れる人気の食器ブランド10選!」では買取が期待できる食器ブランドについて解説しています。

ローゼンタールの食器を高く買取してもらうためのポイント

POINT 電球
ここでは実際の査定で少しでも高く金額がつくような準備について、買取のコツを解説していきます。

きれいな状態で査定してもらおう

まず見た目の印象は大切です。きれいな方が買取価格は高くなります。
ずっと放置していた場合、ホコリまみれだったりすることがあります。
事前に簡単にでも清掃しておくと査定スタッフにも好印象です。

セット品は揃っているかチェックしておこう

「カップ&ソーサー」や「ティーセット」などセットものは、ちゃんと揃っているかは大きなポイントです。
特に1つでも欠品となると減額となってしまう可能性が高いので注意が必要です。

乱雑な状態で査定依頼すると見落としされてしまうこともあるので、事前に揃えておきましょう。

他のものとまとめて依頼する

リサイクルショップの査定では依頼点数は多いほど有利です。
まとめて依頼することで出張コストが下がるので、その分を買取金額に乗せやすくなるからです。

  • タオルセット
  • ハンカチ/スカーフ
  • 工芸品
  • 花瓶など

例えば上記のような贈答品でも依頼品は多いほど査定での交渉材料になります。
もし他にも手放したい品があるようなら、合わせて依頼するようにしましょう。

ローゼンタールの食器を買取してもらえなかった時は?

「残念だけど買取にならなかった。」
「買取してもらえなかったら捨てるしかないのかな?」
はてな老夫婦
ここでは買取以外の食器の手放し方についてご紹介していきます。

リサイクルショップで引取してもらえるケース

リサイクルショップではローゼンタールのに限らず食器を無料で引取してもらえるケースがあります。
食器は海外でも人気があり、買取ができない食器でも海外リユース品として取り扱いすることができるからです。

「ずっと大切に使っていたものなので、捨てたくない」
そんな思い入れのある食器があれば、最寄りのリサイクルショップに相談してみましょう。

フリマアプリなどを活用する

メルカリやヤフオク、ジモティーなどの個人間取引サイトを利用して次の方に譲る方法です。

買取店で取り扱えなくても個人売買であれば欲しいという方が見つかるかもしれません。

ただし以下の点には注意が必要です。

個人売買を利用するときの注意事項

  • 出品や商品発送などの手間がかかる
  • モデルによっては売れない可能性もある
  • トラブルは基本的に自己責任

時間や手間を惜しまなければ、自分で売ってみるのも1つの手段です。
ある程度の責任を伴いますので、その分高く売れることもあります。
一度チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

まとめ

ローゼンタールの食器は古いものの方が高値で売れるお宝モデルがあります。
もし実家の片付けや押し入れの奥から出てきたら、処分してしまう前に一度買取店に相談してみましょう。

総合リサイクルのアシストでは『ローゼンタールの食器の買取』を行っております。
※食器買取のご案内はこちら ⇒ローゼンタールの食器の買取・査定

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』をお気軽にご利用ください。
遠方にお住まいのかたは、全国どこからでも買取OK『宅配買取』をお気軽にご利用ください。