「押入れからVHSのビデオデッキが出てきた」
「時代遅れのものだけど今でも売れるかな?」

そんな【今でもビデオデッキが買取してもらえるのか?】知りたい方はいませんか?
こんにちは!リユース業界歴11年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田駒田

今でも売れるビデオデッキもあります!

結論から言えば、ビデオデッキには今でも買取してもらえるモデルがあります!

それは次のようなモデルです。

  • S-VHS
  • D-VHS
  • ベータデッキ
  • 8mmビデオデッキ

すっかり市場から姿を消したビデオデッキですが、上記のような中古品を探している方がいます。
もはや新品購入が難しいビデオデッキは、中古市場で入手するしかありません。

そんな需要があり売れるビデオデッキの人気モデルや買取相場をご紹介します。

今でも買取してもらえるビデオデッキ

実はビデオデッキと一口に言っても様々な規格があります。
売れるモデルというのは、当時<高級機>だったものやマイナー機種だったもので、主なメーカーとしては以下の3社になります。

人気の高いメーカー
  • SONY(ソニー)
  • Panasonic(パナソニック)
  • Victor(ビクター)

ここでは、その中でも特に人気の高いモデルの買取相場(2022年01月現在)をご紹介していきます。

S-VHS(Super VHS) ビデオデッキ

パナソニック S-VHS ビデオデッキ NV-SB900

VHS規格より高画質録画に対応した「S-VHS」。
以下のようにビクターをはじめ、パナソニックやソニーから販売されていたモデルに人気が集中しています。

当時の高級機だけに見た目にも高級感があるのが特徴です。

S-VHS ビデオデッキ
メーカー/モデル名参考買取価格
Victor/HR-200002,000円-8,000円
Victor/HR-DVS12,000円-7,000円
Panasonic/ NV-SB9002,500円-11,000円
Panasonic / NV-SB800W1,000円-3,500円
SONY/WV-D100002,500円-12,000円
SONY/WV-DR92,000円-10,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動します。目安としてご参照ください。

D-VHS(Data VHS)ビデオデッキ

ビクター D-VHS ビデオデッキ DH-35000

VHS方式をベースにデジタル放送に対応した「D-VHS」。
流通量が少ないため状態の良いものは高額買取になるケースがあります。

見た目の特徴としては、通常のVHSよりハイテクな雰囲気があります。

D-VHS ビデオデッキ
メーカー/モデル名参考買取価格
Victor / HM-DHX23,000円-11,000円
Victor / HM-DH350002,000円-7,000円
Panasonic / NV-DHE201,000円-4,000円
日立 / DT-DRX100500円-2,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動します。目安としてご参照ください。

8mmビデオデッキ(8ミリ)

SONY 8mm/VHS ビデオカセットレコーダー WV-TW2

VHSとは規格の異なる8mmビデオデッキが一体になったタイプです。
SONY製品が主流となっており、現存していても故障していることが多いため動作品は希少価値があります。

ダブルデッキなので見た目から判別がつきやすいのが特徴です。

8mmビデオデッキ
メーカー/モデル名参考買取価格
SONY / WV-SW13,000円-8,000円
SONY / WV-H63,000円-8,000円
SONY / WV-ST12,000円-6,000円

※記載している買取相場は、お品物の状態・買取方法などにより変動します。目安としてご参照ください。

ベータビデオデッキ(βマックス)

SONY ベータビデオデッキ SL-HF3000

VHSとは規格の異なるテープを使用するベータデッキ。VHSが一体になったWデッキタイプも人気です。

ビデオデッキの中でも古いものが多く、動作品には希少価値があります。見た目はゴツいものが多いのが特徴です。

ベータ ビデオデッキ
メーカー/モデル名参考買取価格
SONY / EDV-90001,000円-5,000円
SONY / SL-200D1,000円-4,000円
SONY / SL-HF900500円-2,500円

※記載している買取相場は、お品物の状態・買取方法などにより変動します。目安としてご参照ください。

ビデオデッキを高く買取してもらうためのポイント

POINT ホワイトボード
買取してもらえそうと分かったら、次は少しでも高く売れるように準備しましょう。

動作の確認をしてみよう

どんな家電でも基本的には動作品であったほうが買取価格は高くなります。

  • 電源は入るか?
  • テープの出し入れは問題ないか?
  • 再生や早送り、巻き戻しが出来るか?

上記に加え録画までチェックできれば完璧です。査定の際にその旨を伝えれば査定額に考慮されます。
もし不具合があった場合でも、どのような症状かが分かっていると買取してもらえる可能性が高まります。

見た目も大切

ビデオデッキ自体が古い品物となるので、見た目がきれいであればあるほど印象が良くなります。
特に背面の端子部分やボタン回りに汚れが詰まっていると査定額にも影響しますので注意しましょう。

古いものだからこそ見た目で印象が変わる!きれいな方が査定で有利!

付属品が揃っているかチェックしよう

リサイクルショップの査定では付属品も1つのポイント。
特に電源コードとリモコンの欠品は減額となってしまうので注意が必要です。

  • 電源コード
  • リモコン
  • 取り扱い説明書
  • 元箱

以上のようなパーツがあれば事前に揃えておきましょう。

買取してもらえなかった時は?

「残念だけど買取にならなかった。」
「買取してもらえなかったら捨てるしかないのかな?」

ここでは買取以外のビデオデッキの手放し方についてご紹介していきます。

リサイクルショップで引取してもらえるケース

リサイクルショップではビデオデッキを無料で引取してもらえるケースがあります。

例えば、引っ越しなどで他の品とまとめて引き取りする場合や、値段はつけられないけど部品取りなどまだ利用価値があると判断される場合です。

買取に至らなかった場合には、無料なら引き取ってもらえるか聞いてみましょう。

フリマアプリなどを活用する

メルカリやヤフオク、ジモティーなどの個人間取引サイトを利用して次の方に譲る方法です。

買取店で取り扱えなくても個人売買であれば欲しいという方が見つかるかもしれません。
ただし以下の点には注意が必要です。

個人売買を利用するときの注意事項

  • 出品や商品発送などの手間がかかる
  • モデルによっては売れない可能性もある
  • トラブルは基本的に自己責任

時間や手間を惜しまなければ、自分で売ってみるのも1つの手段です。
ある程度の責任を伴いますので、その分高く売れることもあります。
一度チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

まとめ

ビデオデッキには、まだまだ価値があり買取してもらえるモデルがあります。
もし捨てようか迷っているビデオデッキがあれば、ぜひ買取も検討してみて下さい。

総合リサイクルのアシストでは『ビデオデッキの買取』を行っております。
※家電買取のご案内はこちら ⇒家電の買取・査定

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』
遠方にお住まいのかたは、全国どこからでも買取OK『宅配買取』をお気軽にご利用ください。