「使わなくなったプリンターがあるけど、中古を売るのは難しそうだし処分かなぁ。」

そんな不要になったプリンターの買取についてお悩みの方はいませんか?

こんにちは!リユース業界歴10年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田駒田

中古でも売れるプリンターはあります!

実はプリンターは中古でも買取してもらえるモデルがたくさんあります。
まず買取してもらえるプリンターの大まかな条件は以下のようになります。

  • 家庭用は製造から約3年以内
  • ビジネス用は製造から約5年以内
  • A3ノビサイズは製造から約8年以内
  • 動作に問題がない
  • 総印刷枚数が少ない

プリンターはインクジェットが「約2万枚」、レーザープリンターが「約5万枚」で寿命と言われています。
あまり使用していなかったプリンターは、状態が良ければ買取になる可能性があります!

今回は買取が期待できるプリンターの情報と
買取してもらう時に押えておきたい査定ポイントについて解説していきます。

【メーカー別】売れるプリンター買取相場は?

家庭用プリンターの買取で最初のポイントとなるのが【メーカーとモデル】です。
ここでは人気モデルの中から、一部を買取相場(2021年10月現在)と合わせてご紹介していきます。

EPSON(エプソン)プリンター

日本を代表する精密機器メーカーのエプソン。家庭用から大判プリンターまで幅広くモデル展開されています。

家庭用の「カラリオ」シリーズは、中古でも人気ですがモデルチェンジが早く、型落ちすると値が下がります。

A3対応モデルやビジネスレーザープリンタは、状態が良いと高価買取が期待できます。

EPSON(エプソン)
モデル名 参考買取価格
A3対応:EW-M5071FT 6,000円-22,000円
A4:EW-M770T 2,000円-8,000円
A3対応:EW-M970A3T 4,000円-16,000円
PX-5300 20,000円-41,000円
PX-5V 11,000円-24,000円
EP-50V 5,000円-16,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動します。目安としてご参照ください。

CANON(キャノン)プリンター

国内外で世界トップクラスのシェアを誇るキャノンは、実に多くの家庭用プリンターをラインナップしています。

中古市場で人気が高いのは、大型のタッチパネルの付いたWi-FIモデルですが、新品価格がリーズナブルなため、状態によっては買取に至らないこともあります。

CANON(キャノン)
モデル名 参考買取価格
PRO-1000 4,000円-17,000円
モノクロレーザー:LBP-441e 3,000円-13,000円
PIXUS:IP7230 1,000円-4,000円
A4:G6030 3,000円-12,000円
ラベルプリンター:LX-P5500 22,000円-50,000円

※買取相場はお品物の状態・買取方法などにより変動します。目安としてご参照ください。

BROTHER(ブラザー)プリンター

ブラザーは、コピー・スキャナー・FAX付きなどの多機能複合機をはじめ、ビジネス用レーザープリンターなどが人気のメーカーです。

キャノンやエプソンと比べると、中古の値落ちが強い傾向ですが、需要の高い複合機モデルは高価買取が期待できます。

BROTHER(ブラザー)
モデル名 参考買取価格
MFC-J6983CDW 5,000円-13,000円
HL-L8350 2,000円-7,000円
PRIVIO:MFC-J738DWN 4,000円-11,000円
MFC-L3770CDW 3,000円-11,000円

※記載している買取相場は、お品物の状態・買取方法などにより変動します。目安としてご参照ください。

※ここで紹介したモデルは一例です。売れるプリンターは他にもたくさんあります。

実際のプリンターの買取価格についてはプリンター 買取価格でもご覧いただけます。

インクだけでも買取してもらえる?

ブラザー 純正 インクカートリッジ LC211-4PK 8個セット 4色入り お徳用パック
プリンターを買い換えると、前のインクが使えなくて余ってしまうというのはよくある事です。

ですが、インクだけでもモデルや量によって買取になる可能性があります。

買取の可能性があるインク
  • 未開封である
  • 数色まとめて入っているマルチパック
  • 期限が半年以上残っている
  • 大量にある

1点当たりの買取額は小さいものの、まとまった量があれば思わぬ金額になることもあります。

詳しくは「【純正インク 買取】リサイクルショップで売れる条件やモデルは?」をご覧ください。

プリンターを高く買取してもらうためのポイント

きれいな状態で査定してもらおう

まず見た目の印象は大切です。きれいな方が買取価格は高くなります。
しばらく放置していた場合、上部の操作パネルや給紙トレイなどが汚れていることがあります。
事前に清掃しておくと査定スタッフにも好印象です。

動作の確認ができる状態にしておこう

出張で買取してもらう場合、印刷チェックが出来るかは現場の環境に左右されます。
その場で動作品と判断してもらえるよう、なるべくプリンターに電源が取れる状態にしておきましょう。

インクやパソコンなどセットで依頼する

リサイクルショップの査定では依頼点数は多いほど有利です。
まとめて依頼することで出張コストが下がるので、その分を買取金額に乗せやすくなるからです。

  • 不要になったパソコン
  • 余ったインク
  • スキャナ
  • PCモニター

以上のようなものも不要であれば、買取査定での交渉材料になります。
他にもまとめて依頼できるようなものがないかチェックしてみましょう。

買取してもらえなかった時は?

「残念だけど買取にならなかった。」
「買取してもらえなかったら捨てるしかないのかな?」

ここでは買取以外のプリンターの手放し方についてご紹介していきます。

リサイクルショップで引取してもらえるケース

買取には至らないものでも、リサイクルショップではプリンターを無料引取して貰えるモデルもあります。

  • 人気モデルだったけど型が古くなった
  • 新しいけど一部不具合がある
  • インクがなくなったので動作が正常か不明

上記のようなプリンターは、店頭に持ち込めば無料引取してもらえる可能性があります。
一度最寄りのリサイクルショップに相談してみましょう。

フリマアプリなどを活用する

メルカリやヤフオクジモティーなどの個人間取引サイトを利用して次の方に譲る方法です。

買取店で取り扱えなくても個人売買であれば欲しいという方が見つかるかもしれません。

ただし以下の点には注意が必要です。

個人売買を利用するときの注意事項

  • 出品や商品発送などの手間がかかる
  • モデルによっては売れない可能性もある
  • トラブルは基本的に自己責任

時間や手間を惜しまなければ、自分で売ってみるのも1つの手段です。
ある程度の責任を伴いますので、その分高く売れることもあります。
一度チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

まとめ

リサイクルショップで買取になるプリンターは

  • 家庭用は製造年から約3年以内
  • ビジネス用は製造年から約5年以内
  • A3プリンタは製造年から約8年以内
  • 動作に問題がない
  • 総印刷枚数が少ない

もし自宅に不要なプリンターがあるなら、処分する前にモデルを調べてみて下さい。

総合リサイクルのアシストでは『プリンターの買取』を行っております。
※買取のご案内はこちら ⇒買取方法

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』
遠方にお住まいのかたは、全国どこからでも買取OK『宅配買取』をお気軽にご利用ください。