「引っ越しでワインセラーが不要になった」
「ワインセラーが故障して買い替えを検討している」

そんな方の中には、ワインセラーの処分方法がわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

自宅でワインを楽しみたい方に人気のワインセラーですが、処分するときに困る家電の一つでもあります。

また、故障しているのか、正常に作動するのか、人気機種なのか……によっても処分方法が変わります。

そこで今回は、ワインセラーの処分方法について解説します。
この記事を参考に、ワインセラーを賢く処分してください。

家電リサイクル法とは?

リサイクルマーク
まず、ワインセラーの処分方法を紹介する前に、「家電リサイクル法」について簡単に解説します。

ワインセラーは家電リサイクル法の対象品目のため、法律を理解した上で処分方法を考えましょう。

「家電リサイクル法」とは、2001年から施行されており、家電に使用されている部品や資源の再利用を目的としている法律です。

家電リサイクル法では対象となる品目を定めており、対象品目に指定されている家電は家電リサイクル法に従って処分しなければなりません。

家電リサイクル法の対象品目は粗大ゴミに出せない

気をつけなければならないのが、家電リサイクル法の対象品目は粗大ゴミとして処分できないということです。

廃棄するには、廃棄する人がリサイクル料金を負担し、家電リサイクル法の定める手順に従って処分しなければならないのです。

詳しい手順についてはのちほど解説しますが、家電はタダで捨てられるという思い込みは要注意です。

家電リサイクル法の対象品目

家電リサイクル法で定められている家電は以下の通りです。

特定リサイクル家電
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • テレビ
  • 洗濯機・乾燥機

これらの品目はまとめて「家電4品目」と呼ばれています。

ワインセラーは、冷却に冷媒ガスを使用しており冷蔵庫と同じ扱いになるため、家電リサイクル法に従って捨てなければなりません。

ワインセラーを処分方法の決め方

悩む女性
ワインセラーの処分方法ですが、「捨てる」または「売却する」の2つの選択肢があります。

壊れてしまっていたり、状態が悪いワインセラーは捨てるのが一般的でしょう。
しかし、数年しか使用していないワインセラーや、人気機種であるなどの場合は、売却できる可能性があります。

買取が期待できるワインセラーの条件は以下の通りです。

  • おおむね製造から8年以内のモデル
  • 問題なく作動する
  • 収納数15本以上のサイズ

付属品や傷の有無によっても買取対象かどうかは変わりますが、まずは上記の3項目をチェックしてみましょう。

【捨てる場合】ワインセラーの処分方法4選

並んだワイン
故障してしまって動かない、年式が古すぎるワインセラーは「捨てる」のがおすすめです。

ただ、捨てるにもいくつか選択肢があるため、適した方法を選びましょう。

ワインセラーを捨てる場合
  • 指定取引場所に持ち込む
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 購入店舗に依頼する
  • 販売店・メーカーに依頼する

ここでは、4つの処分方法について、特徴を解説していきます。

自治体の指定取引場所に持ち込む

ワインセラーは家電リサイクル法の対象品目のため、粗大ゴミに出すことはできません。

そこで、できるだけ費用を抑えて処分したい場合は、自治体の指定取引所に持ち込むのがおすすめです。

指定取引場所とは家電リサイクル法に指定されている4品目に関して、処分する許可を得ている場所のことです。

家電はリサイクルする場所が決まっており、家電量販店や不用品回収業者が引き取った家電4品目は「指定引取所」に集められています。

そのため、自分で指定引取所の場所を調べて直接持ち込むと、収集運搬費用などかからず、リサイクル料金のみの支払いとなるのです。

指定引取所は「一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター」のHPから場所を確認できます。

ただし、場所によっては持ち込み予約をしなければならない場合があるので注意しましょう。

不用品回収業者に依頼する

手間をかけずに処分したい方におすすめなのが、不用品回収業者に依頼する方法です。

不用品回収業者は依頼者が指定する日時、指定の場所まで引き取りに来てもらえます。

自宅を引き取り場所に指定すれば、スタッフが搬出まで対応してくれるので、家から持ち出す必要もなくなります。

ワインセラーだけでなく、家の不用品をまとめて処分したい場合にも適した方法です。
ただし、他の処分方法よりも費用は高めなので事前に確認しておきましょう。

購入店舗に依頼する

ワインセラーを購入した店舗で処分できる場合もあります。

自宅まで引き取りに来てくれたり、持ち込む場合は処分費用が割引になったりと対応は店舗によってさまざまです。

買い替えでなくても対応してくれるケースがあるので、相談してみるのがおすすめです。

なお、購入店舗に依頼して処分する場合でも、リサイクル料金と収集運搬費用がかかります。
収集運搬費用は店舗によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

販売店・メーカーに依頼する

家電リサイクル法の対象品目であるワインセラーは、購入店舗でなくても処分を依頼できる場合があります。

自宅まで引き取りに来てくれたり、持ち込む場合は処分費用が割引になったりと対応は店舗によってさまざまです。

購入していないのに依頼しにくい……と感じるかもしれませんが、基本的に量販店は家電リサイクルを推進するよう義務つけられているので気軽に相談してみましょう。

なお、販売店・メーカーに依頼して処分する場合でも、リサイクル料金と収集運搬費用がかかります。
収集運搬費用は店舗によって異なるため、料金設定の安いところを探すのがおすすめです。

【売却する場合】ワインセラーの処分方法3選

スマホ フリマアプリ
ここでは、ワインセラーを売却する場合の処分方法について解説します。

売却できれば処分費用がかからず、むしろ手元にお金が残るかもしれません。

ただ、売却するにもいくつか選択肢があるため、適した方法を選びましょう。

  • フリマアプリを活用する
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 買取店に依頼する

ここでは、3つの処分方法について、特徴を解説していきます。

フリマアプリ・オークションサイトを活用する

処分時にできるだけ手元にお金が残るようにしたいという場合は、フリマアプリやオークションサイトを活用するのがおすすめです。

出品者本人が値段を設定できるため、買い手が見つかれば業者に買い取ってもらうよりも高値買取が期待できます。

しかし個人売買になる分、出品・発送の手間がかかることや、状態を説明欄に詳しく記載していなければ後々トラブルになりかねないのがデメリットでしょう。

さらにワインセラーは、重量があって大きいため、配送に高額な送料がかかります。

購入者間でのやりとりや出品するのに手間がかかるうえ、配送料や手数料が高いのであまりコストパフォーマンスのよい売却方法ではないかもしれません。

最寄りのリサイクルショップに持ち込む

自力でワインセラーを運べるなら、リサイクルショップに持ち込むのも方法の一つです。

リサイクルショップに持ち込む場合、家にある不用品をまとめて査定してもらえるのが魅力でしょう。

お引越しやリフォームで不用品が大量に出てしまった……という場合におすすめです。

ただし、どこの店舗に持ち込むかによって、査定価格が変わるため慎重に店舗選びを行いましょう。
ワインセラーのことをあまり知らないスタッフが査定を担当することもあります。

相場より安価な査定価格になる可能性もあるので注意しましょう。

買取店に依頼する

手間をかけず、なおかつ適正価格で査定してもらいたい方におすすめなのが、買取専門店に依頼する方法です。

買取店に依頼する場合、店舗へ持ち込むか、出張査定に来てもらうかを自由に選択できます。

買取実績の豊富なプロに査定してもらえるため、適正価格での買取を期待できるのも魅力でしょう。

※ワインセラーの買取については「【買取】高値で売れる人気ワインセラーはこれ!人気メーカー5選」こちらの記事で詳しく解説しています。

PR
買取品目 家電(SP)

年間7,000件を超える買取実績!
口コミサイトでトップクラスの高評価!
リサイクルショップ「出張買取のアシスト」

市場価値のあるものなら「何でも買取」
まとめてお部屋やお家が片付きます!

【ケース別】ワインセラーの処分費用

COSTの文字
ワインセラーを処分する際、処分費用がどのくらいかかるのかは気になるポイントでしょう。

ここでは、ケースごとの処分費用の相場を解説していきます。

ワインセラーを指定取引場所に持ち込む場合

ワインセラーを指定取引場所に持ち込んで処分する場合、かかる費用はリサイクル料金のみで金額は以下の通りです。

区分リサイクル料金
内容積(170L以上)3,672円~5,092円
内容積(171L以上)4,644円~5,524円

持ち込みの際は、処分するワインセラー本体と家電リサイクル券が必要です。

不用品回収業者に依頼する場合

不用品回収業者に依頼する場合、処分の手間を省けますが、指定取引所に持ち込むのと比べて費用がかかります。

依頼する業者によりますが、リサイクル料金とは別に基本料金として5,000〜12,000円程度の費用が相場でしょう。

不用品をまとめて処分するとなると、トラックの手配が必要になって数万円ほどかかることもあります。

また、不用品回収業者に依頼する際は、業者選びを慎重に行わなければなりません。

悪徳業者に依頼してしまうと、不当な料金を請求されたり、回収したワインセラーを不法投棄されてしまったりする可能性があるので注意しましょう。

購入店舗・販売店・メーカーに依頼する場合

購入店舗・販売店・メーカーに引き取ってもらう場合、「リサイクル料金」と「収集運搬費」がかかります。

リサイクル料金は全国一律となるので、先ほど紹介した通りですが収集運搬費は依頼先によって異なります。

収集運搬費の目安は1,500〜9,000円程度ですが、距離やワインセラーの大きさによって料金が変わるので事前に確認しておきましょう。

また、買い替えの場合は収集運搬費用をサービスしてもらえるケースもあります。

フリマアプリ・オークションサイトを活用する場合

フリマアプリやオークションサイトを活用する場合、出品者が必ず負担しなければならないのは手数料です。

手数料は売却価格の5〜10%ほどのところが多いでしょう。
なお、フリマサイトは送料を出品者負担にすると買い手が見つかりやすくなる傾向にあります。

送料を出品者が負担する場合は、その分の費用も加味した上で価格を設定しましょう。

リサイクルショップに持ち込む、買取店に査定してもらう場合

リサイクルショップに持ち込む、買取業者に査定してもらう場合、費用負担はありません。

ただし、必ずしもワインセラーが買取対象になるわけではないので注意しましょう。

また、業者によって査定金額に差が生じることがあるため、何社かに金額を出してもらうのがおすすめです。

ワインセラーの買取条件と買取価格の相場

計算機とペン
ワインセラーは中古市場で人気のある品目のため、メーカーやモデル、年式などの条件が揃えば高額買取が期待できます。

ここでは、品目ごとの買取条件・買取価格の相場を紹介します。

三ツ星貿易の買取条件と買取相場

業務用の冷蔵庫やワインセラーも販売している三ツ星貿易は、本格的なワインセラーから、気軽に購入できるワインセラーまで幅広いラインナップがあります。

人気の高さから家電量販店でも販売されており、中古市場でも買い手が見つかりやすいメーカーです。

三ツ星貿易のワインセラーは流通量が多く、大容量になるほど高額買取が期待できます。

型番買取価格相場
MLY-60(18本)2,000~8,000円
MB-6110C(32本)3,000~10,000円
MLY-100CE(30本)6,000~16,000円
MLY-150(51本)8,000~22,000円

※2022-6月の買取相場になります

chambrair(シャンブレア)の買取条件と買取相場

1983年、ドイツで創業したシャンブレアは、ホテルやレストラン、ワイン愛好家、ワイナリーなどで広く採用されているワインセラーを販売しています。

シャンブレアのワインセラーは、ワインを良好な状態のまま貯蔵・熟成できるとして有名で、本格的なワインセラーを置きたい方に人気なのです。

そのため、中古市場でも人気が高く、古い年式のものでも高額買取が期待できます。

型番買取価格相場
CLS607,000~15,000円
PROF100(プレミアム60)30,000~77,000円
CTS120G24,000~40,000円
PROF200(プレミアム160)55,000~120,000円

※2022-6月の買取相場になります

ワインセラーは買取してもらうのがお得

虫眼鏡
どのように処分するか悩みがちなワインセラー。

「どうせ売れないだろう」と考えて捨ててしまうのはもったいないと言えます。

ワインセラーは、中古市場で人気のある家電の一つであり、多少年式が古かったり、傷が付いていたりしても買取対象になるケースがあるのです。

また、人気のモデルやメーカー、新しい年式のものは数十万円という買取価格がつくことも珍しくありません。

捨てるにもお金のかかるワインセラーは、ダメ元でも買取専門店に査定を依頼してみるのがよいでしょう。

出張買取のアシストでは、ワインセラーを積極的に買取しています。
また、買取対象にならないワインセラーでも無料引取りや有料のお片づけにも対応しています。
アシスト バナー
ワインセラーの買取相場はこちら↑

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はワインセラーの処分方法について解説しました。

最後に今回の記事をおさらいしておきましょう。

〇【捨てる場合】ワインセラーの処分方法4選

    ・指定取引場所に持ち込む
    ・不用品回収業者に依頼する
    ・購入店舗に依頼する
    ・販売店・メーカーに依頼する
〇【売却する場合】ワインセラーの処分方法3選

    ・フリマアプリを活用する
    ・リサイクルショップに持ち込む
    ・買取業者に依頼する

ワインセラーは、捨てるのか、売却するかによって処分方法の選択肢が変わります。
まずは状態を確認し、処分方法を検討してみましょう。

また、買取対象になるかどうか判断できない場合は、まずはリサイクルショップや買取店に査定してもらうのがおすすめです。

今回の記事を参考に、お得なワインセラーの処分方法を検討してみてください。

PR
買取品目 家電(SP)

年間7,000件を超える買取実績!
口コミサイトでトップクラスの高評価!
リサイクルショップ「出張買取のアシスト」

市場価値のあるものなら「何でも買取」
まとめてお部屋やお家が片付きます!