「買ったけどあまり使っていないペンタブがある。」
「買い替えたので古いペンタブを処分しようと思っている。」

そんな不要になったペンタブにお悩みの方はいませんか?

こんにちは!リユース業界歴10年、買取ブロガーのアシスト駒田です。

アシスト駒田駒田

ワコムのペンタブは中古でも人気!

外出に制限のかかる今、自宅で楽しめる趣味を始めようという方も増えています。
そこで、もしお手元に使っていないペンタブがあるとすれば、需要が急騰している売り時なのです。

今回はペンタブの買取について各モデルの買取価格や高く売るポイントをご紹介していきます。

ワコムのペンタブいくらで買取?モデル別チェック!

まずペンタブの買取で最初のポイントとなるのが【メーカーとモデル】です。
特に人気が高いのはワコムの液晶タブレット。通称『液タブ』です。

ここではモデル別の買取相場(2021年8月現在)をご紹介していきます。

ワコム:Cintiq 22HD

Wacom 液晶ペンタブレット Cintiq 22HD DTK-2200

Cintiq 22HD

買取相場
7,000円-30,000円

「Cintiq 22HD」はプロクリエイターのために生まれた液晶ペンタブレットで、広い画面サイズ、高性能ディスプレイと操作性を兼ね備えた人気モデルです。

中古市場での流通量も多いので製品状態が良いほど買取価格に反映されます。

ワコム:Cintiq Companion2

WACOM 13.3型 128GB 液晶ペンタブレット CINTIQ COMPANION2 DTH-W1310E

ERS-210

買取相場
6,000円-31,000円

Windows8.1を搭載しPCを介さず単体で稼働できる「Cintiq Companion2」。絵を描くために特化したタブレットPCです。

ノートPCとしても使える便利アイテムとして需要が高く、買取でも人気となっています。

ワコム:Cintiq Pro 16

ワコム ペンタブCintiq Pro 16

Cintiq Pro 16

買取相場
27,000円-60,000円

多彩な表現力を追求し続けるワコムの新しい液晶ペンタブレット。
中でも16インチは公式HPで品切れ(2021-8月現在)になるほどの人気アイテムです。

未使用品やあまり使用していない状態なら高価買取が期待できます。

ワコム:Intuos Pro

Intuos Pro

買取相場
2,000円-17,000円

自然なタッチで高精細な表現を実現するプロフェッショナル向けペンタブレット。
板タブでも新しいモデルは買取対象になります。

ただし小さいサイズは、状態によって買取に至らないこともあります。

実際の買取価格が知りたい方は
ペンタブレット 買取価格』をご覧ください。

ペンタブを高く買取してもらうためのポイント

動作の確認をしてみよう

モデルによっては動作不良があっても買取になりますが、基本的には動作品のほうが買取価格は高くなります。
電源が入るか?しっかり筆圧感知するか?など事前に簡単なチェックをおすすめします。

付属品が揃っているかチェックしよう

リサイクルショップの査定では付属品も1つのポイント。
特にリモコンの欠品は減額となってしまうので注意が必要です。

  • ペン/ペンスタンド
  • 替え芯
  • 各種ケーブル
  • 取り扱い説明書など

以上のような付属品があれば事前に揃えておきましょう。

周辺機器と合わせて依頼する

周辺機器も合わせて手放す予定の場合は、セットで依頼すると査定では有利です。
まとめて依頼することで出張コストが下がるので、その分を買取金額に乗せやすくなるからです。

  • 左手デバイス
  • イラストソフト
  • プリンター
  • スキャナー

もし上記のような機器も一緒に手放すことを検討しているなら、合わせて依頼すると金額交渉が期待できるでしょう。

ペンタブを買取してもらえなかった時は?

「残念だけど買取にならなかった。」
「買取してもらえなかったら捨てるしかないのかな?」
はてなパンダ
ここでは買取以外のペンタブの手放し方についてご紹介していきます。

リサイクルショップで引取してもらえるケース

買取には至らないものでも、リサイクルショップではペンタブを無料で引取していることがあります。
古かったり多少の傷程度なら、一度最寄りのリサイクルショップに相談してみましょう。

フリマアプリなどを活用する

メルカリやヤフオク、ジモティーなどの個人間取引サイトを利用して次の方に譲る方法です。

買取店で取り扱えなくても個人売買であれば欲しいという方が見つかるかもしれません。

ただし以下の点には注意が必要です。

個人売買を利用するときの注意事項

  • 出品や商品発送などの手間がかかる
  • モデルによっては売れない可能性もある
  • トラブルは基本的に自己責任

時間や手間を惜しまなければ、自分で売ってみるのも1つの手段です。
ある程度の責任を伴いますので、その分高く売れることもあります。
一度チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

まとめ

デジタル機器は次々と新しいモデルが出てくるので、放置していると価値が下がってしまいます。
もし今後使う予定がなさそうなペンタブがあれば、早めに売却を検討しましょう。

総合リサイクルのアシストでは『ペンタブの買取』を行っております。
PC関連買取のご案内はこちら ⇒パソコンの買取・査定

東京・神奈川にお住まいなら『店頭買取』または『出張買取』
遠方にお住まいのかたは、全国どこからでも買取OK『宅配買取』をお気軽にご利用ください。